"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アガサ・クリスティー99の謎
2006年 12月 25日 (月) | 編集
アガサ・クリスティー99の謎「アガサ・クリスティー百科事典」 のレビューに頂いたコメントで初めて
存在を知り、少し気になってたのですが、書店で立ち読みして購入を決意。
(Yuseumさん、いつもありがとうございます) こういった99の謎とかいう
本は、パラパラと読めて、思わぬ知識も得られて楽しいですね。
タイトル通り、アガサ自身の生い立ちや性格・趣味といった伝記的事柄から
始まり、ポアロやマープルら主要人物・作品全般の事、映画・戯曲作品等の
謎がつまっていました。私は、アガサ自身の事は、基礎知識?くらいしか
持ってなかったので、なかなか興味深く読めたかな。若い頃の彼女の写真も見られたし。(父親がアメリカ人だったとは知りませんでした)
ポアロ関連では、復習的?な内容がほとんどでしたが、スーシェさん達お馴染みの面々の
写真も載ってて、何だか嬉しかったり。(ジャップ警部が渋かったです*^^*)

で、私が興味を持った謎について、幾つか語ってみたいと思うのですが(かなり長文です^^;)、
今回もまた、ネタばれに近いので、ご注意下さい。(最近多くてごめんなさい・・・)
なお、 の後の数字は、この本で与えられてる 「謎」 の数字です。
続きを読む ≫
スポンサーサイト
アガサ・クリスティー百科事典
2006年 12月 18日 (月) | 編集
アガサ・クリスティー百科事典まえがきに、この本についての要約は纏まって書かれているのですが、
クリスティーの作品、登場人物、アイテム、戯曲・映像化作品リスト、
クリスティー年譜が収録され、まさに 「百科事典」 に相応しい一冊かと。
文庫サイズだと手軽に手に取れて良いですね。でも中身は非常に濃くて、
最近、この事典の存在を知ったのですが、もっと早くに持っていれば、
私のレビューも少しは内容の濃いものとなったかな・・・とちょっと後悔?
作品事典では、ハヤカワのクリスティー文庫に沿い年代順に、ポアロ、
マープル、トミーとタペンス、クィン、パーカー・パイン等々の長編・短編、
戯曲・普通小説や紀行・自伝にいたる全96冊(作品数238本)を、 あらすじ+解説で端的に紹介。
これから何を読もうかな?と探すのは勿論、解説も面白く、暇つぶし?の拾い読みにも良いかも。
作中人物事典は、制限して400人程度(それでもスゴイけど・・・全てだと7千人は超えるとか)、
また、アイテム事典も主要な物としたそうですが、登場する作家名や書名、動物や植物、毒物や
法律、行事・宗教など、かなり興味深くて。(私的には、マザーグース関連が嬉しかったかな)
戯曲初演リストや、映像化・テレビ化作品リストも、とても参考になりました。ちなみに、
スーシェさんの 「名探偵ポワロ」 は第9シーズンの 「ホロー荘の殺人」 まで収録されてます。
続きを読む ≫
地中海殺人事件
2006年 11月 30日 (木) | 編集
地中海殺人事件「白昼の悪魔」 が原作の作品ですが、私はこの原作読んでなくて(汗)、
以前に観たスーシェさん版を頼り?に、何となく比較しながら観てました。
ユスティノフさんのポワロを観るのも、もう4作目で抵抗などはないけど、
(あの水着姿はどうかと思うが^^;)個人的に楽しいのは、スーシェさん版
ですね。あちらの 「白昼の悪魔」 では、お馴染みメンバーにも会えるし^^
でもやっぱり、事件が起こってからの展開は面白くて、容疑者を集めての
謎解きにもワクワク。「名探偵ポワロ」 には無かった宝石紛失事件や、
冒頭の事件も最後に劇的に絡んできて、その演出はこっちの方が面白かったような気が。
また、息子さんが娘さんになってましたが、私的には、その方が良いんじゃないかな?と。
やっぱり継母には、娘の方が敏感になるだろうし・・・なんて思ったのですが、
ひょっとして原作は、こちらの設定なのかしら? 謎解きでポワロの説明を聞きながら、
改めてその名推理ぶりに感嘆し、この事件って謎が上手く絡みあってて、結構面白いんだな?
こりゃ原作読まなきゃ、と遅まきながら思いました^^; 久しぶりに新鮮な気持ち?で読めるかも。
あと、ラストのポワロのハプニングにはビックリ。可哀相でした・・・

(1982年/イギリス)
原作邦訳: 『白昼の悪魔』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
テレビ版 名探偵ポワロ
2006年 11月 27日 (月) | 編集
TV版名探偵ポワロ今や "幻の本" なのでしょうか? 出版元では既に絶版で、
ネットで探してみたら、何と5,000円の値段がついてたんですが・・・
(元値は1,890円) でもこれは、自分としては読まなければと思い、
先日、図書館で借りてきました。初版は1998年。巻末収録の作品紹介は、
第45話の 「もの言えぬ証人」 までで、初期?中期?頃の逸話が主かな。
面白かったのでレビューは必然的に長文なのですが^^;、率直な感想は、
やっぱりスーシェさんのポワロが一番! この作品を誕生させてくれて
ありがとう、ですね。「名探偵ポワロ」 を支えるスタッフの絶えまぬ努力や細部へのこだわり、
スーシェさんを初めとする、お馴染みレギュラー陣の経歴や、役に対する思い入れなども分かり、
あのドラマが好きな方は勿論、ポワロは好きだけどドラマは観たことないって方にもおススメかも。
(何気にクリスティー財団への配慮も大変なんだろうなぁ?と思いましたが^^;)

スーシェさんがポワロ役に選ばれたきっかけは初めて知ったのですが、何でもアガサの娘さんが、
とある作品に、ベレー帽に口髭を生やした便利屋の役で出演していたスーシェさんを観て、
「彼なら素晴らしいポワロになりそう」 と提案したとか。さすが娘さんだなぁ?見る目があります。
そしてスーシェさんのポワロ役に対する徹底さは、関連サイトなどで良く知ってはいたけど、
改めてそのプロぶり?に感服。何よりも、スーシェさんがポワロの事を好きだっていう気持ちが、
よく伝わってきて。それって大切な事だと思うし、ファンにはたまらなく嬉しいですよね。
またポワロさん達の写真も素敵で、つい微笑んじゃったり。「スタイルズ荘」 の撮影時の事など
詳しく載っていたのですが、軍服姿の大尉とポワロさんが、顔を見合わせてニッコリ笑ってる
写真なんて、うわ?ここだけ切り取りたい?なんて思ってしまいました(←ダメよ)
あと、今まで映像化されたポワロや演じてきた役者さんの記述もあり、とても参考になりました。
ラジオで放送されてたポワロも有ったとは、初めて知りましたが、一度聞いてみたいなぁ?。
続きを読む ≫
アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
2006年 11月 15日 (水) | 編集
アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープルさて、これもいつかは触れようと思っていた作品ではありますが・・・
NHKで2004年7月?2005年5月まで放送されていたアニメ版で、
全39話・約1年間近く放送してたんですね。
(2004年って、もうそんなに前になるんだ・・・月日の経つのは早いなぁ)
アニメ化の話を聞いた時は、どんな風になるのか、ワクワクが2.5割で、
不安が7.5割程度でした^^; 私は最近のアニメの、あのアニメアニメ
した?ベタッとした色合いがどうも苦手なんですが、それでもポワロ物だし、
いざ勇気を出して?観てみましたが・・・里見浩太朗さんも悪くなかったと思うし、
ミス・マープルを知らない私も、八千草 薫さんは合ってたんじゃないかと思います。
黒髪フサフサのポワロも別に抵抗は無かったけど、「私に解けない謎は無い」 って・・・
あなた一体誰ですか?? 二人の名探偵を結びつけた着眼点は面白く、その立役者となった
メイベルも、最初はちょっと鬱陶しく思わなくもなかったけど(っておぃ、主人公ですよ)、
結構、頑張ってる姿に好感は持てたかな。若い設定のヘイスティングズは大歓迎?だったし、
ミス・レモンも若すぎるけど、あの冷たさ?は、私が原作で抱いていたイメージでした。
でもマープル物の時は観なかったり、ただ人気があるだけの俳優を声優に当てたり、
アヒルにも負けるヘイスティングズ(笑)が嫌で、いつしか全く観なくなってしまってたなぁ・・・
極めつけは 「エンドハウスの怪事件」 でしたね、あの二人の女性の棒読みは、
本当にたまりませんでした。原作が大好きなだけに、尚更辛かったですね・・・
やっぱり映像化する時には、ファンの気持ちも考えて、大切にしてほしいなぁ?と。
なお、アニメの後にやってた 「クリスティー紀行」 はNHKらしい?落ち着いた感じで好きでした。

* 公式サイトはこちらです → 「アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。