"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグ4
2006年 07月 31日 (月) | 編集
結婚後のヘイスティングズ大尉が大活躍、
舞台も世界をまたいでスケール大きいんだけど、
実は、あんまり好きじゃない作品。
ポワロさんと大尉の仲も本当に良くて文句無い筈なのに。
う?ん、ロザコフ伯爵夫人が出てくるからかなぁ。
私は確かに大尉が好きだから彼の出てくる作品から読んだんだけど、
ひとつ気がついた事があってね。
大尉が出てて面白い作品も多々あるんだけど、
(例えば 「ABC殺人事件」「邪悪の家」 など)
お気に入りの作品ってポワロさんだけが登場してるものがほとんどなんだよね。
その方が作品に重みを感じるっていうか…
この作品があんまり面白くなく思えるのも、それが原因なのかもしれない。
ちなみに親父さんに貸したら、電車の中に忘れてきたので、
もう一冊買うはめになったという、思い出?の本だったりもする^^

The Big Four (1927)
[ お気に入り度: ★★★
スポンサーサイト
三幕の殺人
2006年 07月 30日 (日) | 編集
これもとても面白かった。犯人はすぐに検討がついたけど、
三幕の殺人とは全くふさわしいタイトルをつけるものだ。
最後の犯人を追いつめていくポワロさんの語りは、
推理小説の種あかしだから勿論、大好きなシーンだけど、
この作品ではいつもよりさらに鋭くて、
とても緊迫感を与えてくれてるように感じた。
役どころのあまり冴えなかった、
けれど、人の良いサタースウェイト氏が気に入る。

Three-Act Tragedy (1935)
[ お気に入り度: ★★★★★
オリエント急行の殺人
2006年 07月 29日 (土) | 編集
これも代表作でしょうね。犯人は最後まで分かりませんでした。
というかアクロイドに続く、「こんな事があって良いの」事件だよねぇ。
面白かった。映画も見ました。雰囲気出てましたね。
これ読んでからかな、いつかオリエント急行に乗りたいって
夢見るようになったのは。あと殺人事件に関しては、
「いかなる理由であれ認めない、許さない」はずのポワロさんが、
珍しく見せた温情な態度にちょっと驚いたかも。
でも当然の態度かもしれない。

Murder on the Orient Express (1934)
[ お気に入り度: ★★★★★
エッジウェア卿の死
2006年 07月 12日 (水) | 編集
大尉とポワロさんの会話口調が気に入らないため、
作品自体にも愛着が持てなかった感がある。
珍しくポワロさんが大尉に
親密な愛情を語ってるシーンがあるというのに。
犯人はすぐ検討がついたかな。「後で話すから」なんて言葉は、
犯人に「どうぞ殺してください」と言ってるようなものっしょ。
特にテレビのサスペンス物によく見られるパターンだけど。
後、最後に何故か崖沿いで犯人と対峙するとかね^^
[ お気に入り度: ★★

Lord Edgware Dies (1933)
海外ドラマ: 『エッジウェア卿の死』 (名探偵ポワロ [完全版] Vol.29
アクロイド殺し
2006年 07月 11日 (火) | 編集
初めて読んだポワロもの。
これを初めて読んだんだから、ちょっと凄いでしょう? ^^;
犯人はあの人だなんて、ちっとも考えなかったし、
有り得る訳が無いとすら思わなかった。
でも何となくそんな気がしていたのかも知れない。
私は気に入ってた人なので、終わりに近づくにつれて、
続きを読みたくない、真相を知りたくないっていう、
ちょっと嫌な気分になったから。
この作品には暗い、何か毒が染み込んでいるようなイメージを未だ持ってる。
何度読み返しても楽しめる、本当にクリスティ、ポワロさんの代表作品と言えるのでは。
ちなみに私が読んだ 「アクロイド」 は、中村能三訳の新潮文庫版。
(カバー表紙の絵が懐中時計のやつです)
あの「カーテン」など代表作を多数訳されていて、お気に入りな訳者さんの一人だ。
[ お気に入り度: ★★★★★

The Murder of Roger Ackroyd (1926)
海外ドラマ: 『アクロイド殺人事件』 (名探偵ポワロ [完全版] Vol.28
小説一覧 : 感想UP作品
2006年 07月 10日 (月) | 編集
今までに感想を書いた作品を、長編と短編・戯曲に分けて、発表年度順に並べています。
画像は、ハヤカワ・ミステリ文庫で、★の数は、私的お気に入り度です。
画像をクリックすると、感想ページに飛びます。

(長編)
スタイルズ荘の怪事件
The Mysterious Affair at Styles
(1920)
★2
ゴルフ場殺人事件
Murder on the Links
(1923)
★2
アクロイド殺し
The Murder of Roger Ackroyd
(1926)
★5
ビッグ4
The Big Four
(1927)
★3
青列車の秘密
The Mystery of the Blue Train
(1928)
★2
邪悪の家
Peril at End House
(1932)
★5
エッジウェア卿の死
Lord Edgware Dies
(1933)
★2
オリエント急行の殺人
Murder on the Orient Express
(1934)
★5
三幕の殺人
Three-Act Tragedy
(1935)
★5
雲をつかむ死
Death in the Clouds
(1935)
★3
ABC殺人事件
The A.B.C. Murders
(1935)
★5
メソポタミヤの殺人
Murder in Mesopotamia
(1936)
★4
ひらいたトランプ
Cards on the Table
(1936)
★4
もの言えぬ証人
Dumb Witness
(1937)
★2
ナイルに死す
Death on the Nile
(1937)
★5
死との約束
Appointment with Death
(1938)
★2
ポアロのクリスマス ポアロのクリスマス
Hercule Poirot's Christmas
(1938)
★4
杉の柩
Sad Cypress
(1940)
★5
愛国殺人
One, Two, Buckle My Shoe
(1940)
★5
白昼の悪魔 白昼の悪魔
Evil Under the Sun
(1941)
★3
五匹の子豚
Five Little Pigs
(1943)
★5
ホロー荘の殺人
The Hollow
(1946)
★5
満潮に乗って
Taken at the Flood
(1948)
★5
葬儀を終えて
After the Funeral
(1953)
★4
ヒッコリー・ロードの殺人
Hickory Dickory Dock
(1955)
★2
死者のあやまち
Dead Man's Folly
(1956)
★2
鳩のなかの猫
Cat among the Pigeons
(1959)
★3
ハロウィーン・パーティ
Hallowe'en Party
(1969)
★2
象は忘れない
Elephants Can Remember
(1972)
★5
ブラック・コーヒー(小説版)
Black Coffee
(1998)
★3


(短編・戯曲)
ポアロ登場
Poirot Investegates
(1924)
★3
ブラック・コーヒー
Black Coffee
(1930)
★3
死人の鏡
Murder in the Mews
(1937)
★3
ヘラクレスの冒険
The Labours of Hercules
(1947)
★4
教会で死んだ男
Sanctuary and Other Stories
(1951)
★3
クリスマス・プディングの冒険
The Adventure of The Christmas Pudding
(1960)
★3
スタイルズ荘の怪事件
The Mysterious Affair at Styles
| 作品一覧 | - | - |
小説一覧 : 五十音順
2006年 07月 10日 (月) | 編集
ポワロさんが登場するハヤカワ・ミステリ文庫の作品を、長編と短編・戯曲に分け、
邦題の五十音順に並べてみました。 タイトル左に鉛筆の画像が有る作品が、
感想を書いた作品で、その画像をクリックすると、感想ページに飛びます。
               <長 編>
愛国殺人 愛国殺人 象は忘れない 象は忘れない
青列車の秘密 青列車の秘密 第三の女
アクロイド殺し アクロイド殺し ナイルに死す ナイルに死す
ABC殺人事件 ABC殺人事件 白昼の悪魔 白昼の悪魔
オリエント急行の殺人 オリエント急行の殺人 鳩のなかの猫 鳩のなかの猫
エッジウェア卿の死 エッジウェア卿の死 ハロウィーン・パーティ ハロウィーン・パーティ
カーテン ビッグ4 ビッグ4
雲をつかむ死 雲をつかむ死 ヒッコリー・ロードの殺人 ヒッコリー・ロードの殺人
五匹の子豚 五匹の子豚 ひらいたトランプ ひらいたトランプ
ゴルフ場殺人事件 ゴルフ場殺人事件 複数の時計
三幕の殺人 三幕の殺人 ブラック・コーヒー(小説版) ブラック・コーヒー(小説版)
死者のあやまち 死者のあやまち ポアロのクリスマス ポアロのクリスマス
死との約束 死との約束 ホロー荘の殺人 ホロー荘の殺人
邪悪の家 邪悪の家 マギンティ夫人は死んだ
杉の柩 杉の柩 満潮に乗って 満潮に乗って
スタイルズ荘の怪事件 スタイルズ荘の怪事件 メソポタミアの殺人 メソポタミアの殺人
葬儀を終えて 葬儀を終えて もの言えぬ証人 もの言えぬ証人


              <短編・戯曲>
愛の探偵たち 死人の鏡 死人の鏡
黄色いアイリス ブラック・コーヒー ブラック・コーヒー
教会で死んだ男 教会で死んだ男 ヘラクレスの冒険 ヘラクレスの冒険
クリスマス・プディングの冒険 クリスマス・プディングの冒険 ポアロ登場 ポアロ登場


| 作品一覧 | - | - |
海外ドラマ一覧 : 感想UP作品
2006年 07月 10日 (月) | 編集
今までに感想を書いた作品を、一言メモを付けてDVDの巻数順に並べています。
画像は、「名探偵ポワロ [完全版]」 で、★の数は、私的お気に入り度です。
(DVD化がまだの海外ドラマは、スーシェさん表紙のペーパーバック等で紹介。)
感想を書くと追加していきます。各タイトルをクリックすると、感想ページに飛びます。

名探偵ポワロ[完全版]Vol.1
(Vol.1)
ミューズ街の殺人 Murder in the Mews ★3
  ポワロさん本邦初登場!ゴルフをしますB
コックを捜せ The Adventure of the Clapham Cook ★4
  事件は意外な展開に。ちょっとショッキングでしたB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.2
(Vol.2)
ジョニー・ウェイバリー誘拐事件 The Adventure of Johnnie Waverly ★3
  必見は歌? ポワロさんも必死に歌ってます♪^^B
24羽の黒つぐみ Four and Twenty Blackbirds ★2
  マザーグースの調べに乗って。クリケットにもお詳しい?B
名探偵ポワロ[完全版]Vol.3
(Vol.3)
4階の部屋 The Third Floor Flat ★2
  お膝元での事件。こんな女性がお好みなのねB
砂に書かれた三角形 Triangle at Rhodes ★2
  ロードス島へ観光のポワロさん。ラブロマンスも?B
名探偵ポワロ[完全版]Vol.4
(Vol.4)
海上の悲劇 Problem at Sea ★2
  厳然たるポワロさんの言葉にググッ。上陸シーンも楽しいB
なぞの盗難事件 The Incredible Theft ★5
  大尉と警部が同室にお泊り!ノリノリのカーチェイスも必見B
名探偵ポワロ[完全版]Vol.5
(Vol.5)
クラブのキング The King of Clubs ★2
  テーマは 「家族」。欠けたトランプから真相を掴みますB
 The Dream ★3
  ご機嫌斜めのミス・レモンにポワロさんってば・・・B
名探偵ポワロ[完全版]Vol.6
(Vol.6)
エンドハウスの怪事件 Peril at End House ★4
  ミス・レモンが霊媒師に。かなり原作に忠実ですB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.7
(Vol.7)
ベールをかけた女 The Veiled Lady ★5
  ポワロさんが大泥棒に!隅から隅まで楽しめますB
消えた廃坑 The Lost Mine ★2
  モノポリーに興じるお二人さん。私的にはイマイチでしたB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.8
(Vol.8)
コーンワルの毒殺事件 The Cornish Mystery ★3
  暗いイメージの筈が・・・お手柄大尉もお見逃しなくB
ダベンハイム失そう事件 The Disappearance of Mr. Davenheim ★2
  警部と事件解決の賭けをします。手品の腕前も上達?B
名探偵ポワロ[完全版]Vol.9
(Vol.9)
二重の罪 Double Sin ★5
  ポワロさん引退す?迷探偵大尉と警部の名演説も必見B
安いマンションの事件 The Adventure of the Cheap Flat ★4
  ちょっとハードボイルド風?全く手癖の悪い探偵さんですB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.10
(Vol.10)
誘拐された総理大臣 The Kidnapped Prime Minister ★3
  政治色強し?ポワロさんの独壇場ですB
西洋の星の盗難事件 The Adventure of the Western Star ★3
  憧れの女優を前に、ポワロさんもメロメロですB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.11
(Vol.11)
スタイルズ荘の怪事件 The Mysterious Affair at Styles ★5
  旧友たちの再会。名探偵初事件の記念すべき作品B
名探偵ポワロ[完全版]Vol.12
(Vol.12)
あなたのお庭はどんな庭? How Does Your Garden Grow? ★4
  ポワロさんが大輪のバラに。ミス・レモンが助手役ですB
100万ドル債券盗難事件 The Million Dollar Bond Robbery ★4
  処女航海にはしゃぐ大尉でしたが・・・踏んだり蹴ったりですB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.13
(Vol.13)
プリマス行き急行列車 The Plymouth Express ★2
  悲壮感漂うお話。とにかく残虐な犯人ですB
スズメバチの巣 Wasps' Nest ★4
  ポワロさんの温かさが胸を打つ隠れた良作B
名探偵ポワロ[完全版]Vol.14
(Vol.14)
マースドン荘の惨劇 The Tragedy at Marsdon Manor ★3
  名探偵のご機嫌はイマイチ?蝋人形館は必見B
二重のてがかり The Double Clue ★4
  ポワロさんのマドンナ登場。切ないラブロマンスですB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.15
(Vol.15)
スペイン櫃の秘密 The Mystery of the Spanish Chest ★3
  冷徹で際立った殺害方法にウギャッ。何とも残酷ですB
盗まれたロイヤル・ルビー The Theft of the Royal Ruby ★3
  楽しいクリスマスの雰囲気。子供達も可愛いですB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.16
(Vol.16)
戦勝舞踏会事件 The Affair at the Victory Ball ★2
  謎解きはラジオ番組で。大尉の仮装姿も見所かな?B
猟人荘の怪事件 The Mystery of Hunter's Lodge ★3
  名探偵、風邪でダウン! でも灰色の脳細胞は健在ですB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.17
(Vol.17)
ABC殺人事件 The A.B.C. Murders ★5
  原作の雰囲気バッチリ。それぞれの見所もあり嬉しいB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.18
(Vol.18)
雲をつかむ死 Death in the Clouds ★5
  英仏またいだ雲の上での殺人。両国の警部対決も見物B
名探偵ポワロ[完全版]Vol.19
(Vol.19)
愛国殺人 One, Two, Buckle My Shoe ★4
  BGM合わせ原作の雰囲気出てます。必見は警部のご自宅
名探偵ポワロ[完全版]Vol.20
(Vol.20)
エジプト墳墓のなぞ The Adventure of the Egyptian Tomb ★4
  雰囲気バッチリ。ポワロさん迷信を信じる?B
負け犬 The Underdog ★2
  開戦迫る時代背景。名ナビゲーターなポワロさんですB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.21
(Vol.21)
黄色いアイリス The Yellow Iris ★4
  美食家のポワロさん、のハズなんだけど・・・B
なぞの遺言書 The Case of the Missing Will ★2
  ポワロさん怒ってます。女性蔑視の濃い時代背景もB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.22
(Vol.22)
イタリア貴族殺害事件 The Adventure of the Italian Nobleman ★3
  ミス・レモンに彼氏が!そしてやっぱり可哀想な大尉・・・B
チョコレートの箱 The Chocolate Box ★4
  ポワロさんのベルギー警官時代のお話。淡い恋物語ですB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.23
(Vol.23)
死人の鏡 Dead Man's Mirror ★2
  自信満々のオークションでしたが・・・救出シーンも見所B
グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
Jewel Robbery at the Grand Metropolitan ★3
  療養中なのに・・・振り回される大尉が気の毒ですB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.24
(Vol.24)
ポワロのクリスマス Hercule Poirot's Christmas ★5
  楽しいクリスマスのハズが・・・警部との交流にほのぼのB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.25
(Vol.25)
ヒッコリー・ロードの殺人 Hickory Dickory Dock ★3
  どこか薄暗い連続殺人。警部がポワロさん宅にお泊りB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.26
(Vol.26)
ゴルフ場殺人事件 Murder on the Links ★5
  大尉のラブロマンス。見守るポワロさんってば優しすぎB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.27
(Vol.27)
もの言えぬ証人 Dumb Witness ★3
  可愛いワンちゃんとの微笑ましい光景が見られますB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.28
(Vol.28)
アクロイド殺人事件 The Murder of Roger Ackroyd ★4
  あの名作がドラマに。警部も登場して頑張りますB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.29
(Vol.29)
エッジウェア卿の死 Lord Edgware Dies ★3
  ポワロさん失恋?全員集合して大胆な犯人に挑みますB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.30
(Vol.30)
メソポタミア殺人事件 Murder in Mesopotamia ★4
  大尉も登場。作風も発掘現場の雰囲気も出てますB
名探偵ポワロ[完全版]Vol.31
(Vol.31)
白昼の悪魔 Evil Under the Sun ★3
  ポワロさん倒れる?療養先のリゾート地でも事件は発生B
名探偵ポワロ [ナイルに死す]
ナイルに死す Death on the Nile ★3
  あの重厚な長編がドラマに。テーマは愛ですB
名探偵ポワロ [杉の柩]
杉の柩 Sad Cypress ★4
  哀しい恋の物語。とにかくロード医師が最高です?B
名探偵ポワロ [五匹の子豚]
五匹の子豚 Five Little Pigs ★5
  過去と現在を絡めた映像が印象的。お気に入りですB
名探偵ポワロ [ホロー荘の殺人]
ホロー荘の殺人 The Hollow ★4
  景色もキャストも良い感じで、原作の趣が出てますB
名探偵ポワロ [青列車の秘密]
青列車の秘密 The Mystery of the Blue Train ★2
  列車内での非情な殺人。やや喧騒だったかな・・・B
名探偵ポワロ [ひらいたトランプ]
ひらいたトランプ Cards on the Table ★3
  ポワロさんvsシェイタナ氏?意外な展開には思わずビックリB
名探偵ポワロ [葬儀を終えて]
葬儀を終えて After the Funeral ★4
  狭まった血縁関係と恋愛事情に驚き。雰囲気は出てますB

| 作品一覧 | - | - |
海外ドラマ一覧 : 長編作品+小説
2006年 07月 10日 (月) | 編集
海外ドラマ化された長編を、英国の放映順(放送予定含む)で並べてみました。
まだDVD化されていなかったり、日本では放送されてなかったりもしますが、まぁいいかと。
(DVD化がまだの分は、スーシェさん表紙のペーパーバック等で紹介しています。)
タイトルは海外ドラマのタイトルで統一し、( )内の数字は日本での初放送年です。
また、( )付のタイトルは、日本では放送未定の作品です。
感想を書くと、画像を追加していきます。画像をクリックすると、感想ページに飛びます。

 小 説 海外ドラマ
エンドハウスの怪事件
Peril at End House (1990)
邪悪の家 名探偵ポワロ[完全版]Vol.6
スタイルズ荘の怪事件
The Mysterious Affair at Styles (1990)
スタイルズ荘の怪事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.11
ABC殺人事件
The A.B.C. Murders (1992)
ABC殺人事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.17
雲をつかむ死
Death in the Clouds (1992)
雲をつかむ死 名探偵ポワロ[完全版]Vol.18
愛国殺人
One, Two, Buckle My Shoe (1992)
愛国殺人 名探偵ポワロ[完全版]Vol.19
ポワロのクリスマス
Hercule Poirot's Christmas (1997)
ポアロのクリスマス 名探偵ポワロ[完全版]Vol.24
ヒッコリー・ロードの殺人
Hickory Dickory Dock (1996)
ヒッコリー・ロードの殺人 名探偵ポワロ[完全版]Vol.25
ゴルフ場殺人事件
Murder on the Links (1996)
ゴルフ場殺人事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.26
もの言えぬ証人
Dumb Witness (1997)
もの言えぬ証人 名探偵ポワロ[完全版]Vol.27
アクロイド殺人事件
The Murder of Roger Ackroyd (2000)
アクロイド殺し 名探偵ポワロ[完全版]Vol.28
エッジウェア卿の死
Lord Edgware Dies (2000)
エッジウェア卿の死 名探偵ポワロ[完全版]Vol.29
メソポタミア殺人事件
Murder in Mesopotamia (2002)
メソポタミアの殺人 名探偵ポワロ[完全版]Vol.30
白昼の悪魔
Evil Under the Sun (2002)
白昼の悪魔 名探偵ポワロ[完全版]Vol.31
ナイルに死す
Death on the Nile (2005)
ナイルに死す 名探偵ポワロ [ナイルに死す]
杉の柩
Sad Cypress (2005)
杉の柩 名探偵ポワロ [杉の柩]
五匹の子豚
Five Little Pigs (2005)
五匹の子豚★5 名探偵ポワロ [五匹の子豚]
ホロー荘の殺人
The Hollow (2005)
ホロー荘の殺人 名探偵ポワロ [ホロー荘の殺人]
青列車の秘密
The Mystery of the Blue Train (2006)
青列車の秘密 名探偵ポワロ [青列車の秘密]
ひらいたトランプ
Cards on the Table (2006)
ひらいたトランプ 名探偵ポワロ [ひらいたトランプ]
葬儀を終えて
After the Funeral (2006)
葬儀を終えて 名探偵ポワロ [葬儀を終えて]
(満潮に乗って)
Taken at the Flood
満潮に乗って
(マギンティ夫人は死んだ)
Mrs. McGinty's Dead
(死者のあやまち)
Dead Man's Folly
死者のあやまち
| 作品一覧 | - | - |
海外ドラマ一覧 : 五十音順
2006年 07月 10日 (月) | 編集
日本で放送された海外ドラマの全作品を、五十音順に並べてみました。
タイトル左に鉛筆の画像が有る作品が、感想を書いた作品で、
その画像をクリックすると、感想ページに飛びます。

あ?さ行
た行?
名探偵ポワロ[完全版]Vol.19 愛国殺人 名探偵ポワロ[完全版]Vol.8 ダベンハイム失そう事件
名探偵ポワロ 青列車の秘密 名探偵ポワロ[完全版]Vol.22 チョコレートの箱
名探偵ポワロ[完全版]Vol.28 アクロイド殺人事件 名探偵ポワロ ナイルに死す
名探偵ポワロ[完全版]Vol.12 あなたの庭はどんな庭? 名探偵ポワロ[完全版]Vol.4 なぞの盗難事件
名探偵ポワロ[完全版]Vol.22 イタリア貴族殺害事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.21 なぞの遺言書
名探偵ポワロ[完全版]Vol.17 ABC殺人事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.9 二重の罪
名探偵ポワロ[完全版]Vol.20 エジプト墳墓のなぞ 名探偵ポワロ[完全版]Vol.14 二重の手がかり
名探偵ポワロ[完全版]Vol.29 エッジウェア卿の死 名探偵ポワロ[完全版]Vol.2 24羽の黒つぐみ
名探偵ポワロ[完全版]Vol.6 エンドハウスの怪事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.2 盗まれたロイヤル・ルビー
名探偵ポワロ[完全版]Vol.4 海上の悲劇 名探偵ポワロ[完全版]Vol.31 白昼の悪魔
名探偵ポワロ[完全版]Vol.21 黄色いアイリス 名探偵ポワロ[完全版]Vol.25 ヒッコリー・ロードの殺人
名探偵ポワロ[完全版]Vol.7 消えた廃坑 名探偵ポワロ[完全版]Vol.12 100万ドル債券盗難事件
名探偵ポワロ[完全版]Vol.18 雲をつかむ死 名探偵ポワロ[ひらいたトランプ] ひらいたトランプ
名探偵ポワロ[完全版]Vol.5 クラブのキング 名探偵ポワロ[完全版]Vol.13 プリマス行き急行列車
名探偵ポワロ[完全版]Vol.23 グランド・メトロポリタンの宝石強盗事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.7 ベールをかけた女
名探偵ポワロ[完全版]Vol.8 コーンワルの毒殺事件 名探偵ポワロ ホロー荘の殺人
名探偵ポワロ[完全版]Vol.1 コックを探せ 名探偵ポワロ[完全版]Vol.24 ポワロのクリスマス
名探偵ポワロ 五匹の子豚 名探偵ポワロ[完全版]Vol.14 マースドン荘の惨劇
名探偵ポワロ[完全版]Vol.26 ゴルフ場殺人事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.20 負け犬
名探偵ポワロ[完全版]Vol.23 死人の鏡 名探偵ポワロ[完全版]Vol.1 ミューズ街の殺人
名探偵ポワロ[完全版]Vol.2 ジョニー・ウェイバリー誘拐事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.30 メソポタミア殺人事件
名探偵ポワロ 杉の柩 名探偵ポワロ[完全版]Vol.27 もの言えぬ証人
名探偵ポワロ[完全版]Vol.13 スズメバチの巣 名探偵ポワロ[完全版]Vol.9 安いマンションの事件
名探偵ポワロ[完全版]Vol.11 スタイルズ荘の怪事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.10 誘拐された総理大臣
名探偵ポワロ[完全版]Vol.3 砂に書かれた三角形 名探偵ポワロ[完全版]Vol.5
名探偵ポワロ[完全版]Vol.15 スペイン櫃の秘密 名探偵ポワロ[完全版]Vol.3 4階の部屋
名探偵ポワロ[完全版]Vol.10 西洋の星の盗難事件 名探偵ポワロ[完全版]Vol.16 猟人荘の怪事件
名探偵ポワロ[完全版]Vol.16 戦勝舞踏会事件
名探偵ポワロ[葬儀を終えて] 葬儀を終えて


| 作品一覧 | - | - |
当ブログについて
2006年 07月 09日 (日) | 編集
幼い頃から、クリスティ作品を愛読してきた自分にとって、
名探偵といえば、"灰色の脳細胞" のエルキュール・ポワロさんでした。ということで?
彼が登場する小説及び海外ドラマの感想を、自分的に書いていこうかと思います。
言うなれば 「ポワロ専用ブログ」 なんですが、
その他の小説」 として、ポワロ物以外のクリスティ作品も少し紹介しています。
内容については、軽くネタばれする場合もありますので、ご注意ください。
なお、当ブログの推奨環境と、トラックバックについての注記も一度、お目通し下さい。

小説 について
   初めて読んだクリスティ物は 「そして誰もいなくなった」 でして、すごい衝撃でした…
   その次に読んだのが 「アクロイド殺し」 で、これまた凄い衝撃で^^;
   それからポワロさんにハマッた訳ですが、特にヘイスティングズ大尉がお気に入りで、
   (なので感想も偏りがちだけど、ご容赦を) まずは、彼が出る新潮文庫ものから読破。
   でも、ポワロさんのみが登場する方が、好きな話が多かったりします。ついでに言うと、
   私は原作では "ポワロ" では無く、"ポアロ" 派だったりするのですが…(こまかい)
   ちなみに当時は、クリスティー文庫なるものは存在しなかったので、
   自分が読んだハヤカワ・ミステリ文庫(または新潮文庫)で紹介しています。

海外ドラマ について
   1990年よりNHK総合を中心に放送されてきた 「名探偵ポワロ」 の感想です。
   俳優や声優、風景や音楽などもイメージ通りで、原作同様、何度観ても飽きません。
   大尉を始め、原作には無い活躍や、お茶目な姿が見られるのも嬉しいし
   字幕版ももちろん良いのですが、私のお気に入りは吹替え版ですね。
   特に熊倉さん、富山さん、坂口さんのやりとりは大好きです。
   富山さんの急逝で安原さんが代わられましたが…やっぱり大尉は富山さんがイイ ><
   なお、DVDはごく僅かしか持っておらず、NHK放送の吹替え版で観たのが大半でして、
   完全版を観ていない作品もあるのですが、思いつくままに文章を連ねています。

推奨環境 について
   私が動作確認しているPC環境は、以下のようになっています。
   これ以外の環境では、デザイン及び動作が乱れる場合があります。
   なお、当ブログのテンプレート制作者は、
   Windows→Firefox / Mac→Safari、Firefoxでも動作確認済みとの事です。
OS・ブラウザ Windows・Internet Explorer 6 
Javascript / CSS ON
画面解像度 800×600 ピクセル以上

参考サイト について
   当ブログで、参考・引用させて頂いているサイト様です。
   いつもお世話になっております。ありがとうございます。
   
   「名探偵ポワロ」データベース
     海外ドラマ 「名探偵ポワロ」 シリーズのデータベースサイトで、
     放送履歴や登場人物、カット部分やロケ地(写真も有ります)に至るまで、
     詳細な情報が揃っています。感想を書いた後に必ず訪れては、
     よく参考・引用させて頂いており、大変お世話になっているサイト様です。
   
   SWEET MELODY
     マザーグースの音楽を頂いています。
     その他クラシックや民謡のMIDIもたくさんあって、
     優しいオルゴールの音源が心和ませてくれます。無料配布も嬉しいです。
   
   Tea Time
     マザーグースの音楽を頂いています。
     たくさんの唄と解説が収録されており、また英語のことわざなどもあって、
     大変参考になるサイト様です。
   
   ♪マザーグース関連の引用・参考文献:
      マザーグースのうた [谷川俊太郎訳] ― 草思社


トラックバック について
   もし一度でも当ブログへトラックバック(以下、TBと書きます)頂いていたり、
   一度でもこちらからTBさせて頂いている場合は、以下の内容は不要ですが、
   それ以外で、当ブログへ初めてTBを頂ける事がありましたら、お手数ですが、
   当ブログのURLを参照リンクなどとして、被リンクして頂く必要があります。
   
   説明が下手で申し訳ないんですが、例えば、Aというブログが記事を書いて、
   その記事を、当ブログの記事にTBする時には、Aというブログ内に、
   当ブログのURLが一つでも埋め込まれていないと、TB出来ないという事です。
   (そのURLは、当ブログの記事のURLでOKです。)
   当ブログはFC2ブログなんですが、何でもFC2ブログ(Livedoorもそうみたい?)は、
   TB先のページのURLが、TB元のページ内に記述されていないと、
   迷惑TBと判断され、エラーが生じ、TB出来ないようになってるらしいです。
   確かに宣伝目的のスパムTBは、本当に非常に迷惑なんだけど、
   自由にTB出来ないのもどうかとは思うんだが・・・
   
   という訳ですので、もし初めて当ブログにTBをされる場合は、ご注意下さい。
   一度TB頂き、成功したら以降は大丈夫だと思いますので、よろしくお願い致します。

| はじめに | - | - |
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。