"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎のエヴァンズ殺人事件
2007年 01月 13日 (土) | 編集
謎のエヴァンズ殺人事件今日は久しぶりにポワロ物以外の小説です。これはハヤカワ文庫では、
「なぜエヴァンズに頼まなかったのか?」 ってタイトルですよね。
でも私はクリスティーを読み始めた初期の頃に、新潮文庫で読みまして、
こちらのタイトルの方が思い入れ?があるので、今回は敢えて新潮文庫版
で紹介してみました。何がインパクト強かったかというと、この表紙の
写真の女性がね、むっちゃ美人やわぁ?と同性ながら感心?したので。
実際、作中でも主人公の心揺さぶるミステリアスな女性でしたし。
(写真のみ こちら で拡大してみました^^;が・・・サイズ大きくてスミマセン)
この作品には、いわゆる "名探偵" は出てこないのですが、お人好しで毒に強すぎる^^主人公、
彼の幼馴染で、活発かつ勇敢なご令嬢、どもりがちだけど大事な場面で活躍する親友など、
(彼のセリフを読むと、何となく芦屋雁之助が演じていた 「裸の大将」 を思い起こしてしまう私・・・。
♪野に咲く?花のように?風に吹かれて?って古いなぁ^^;) 彼らと一緒にドタバタ?しながら、
ワクワク出来る展開で、結構楽しめました。また彼らを取り巻く面々も、なかなか魅力的でして、
犯人の男も本当に悪い奴なんだけど、何だか最後まで憎みきれなかったし。主人公と父親の、
ギクシャクしてるけど、信頼し合ってる関係ってのも、家族って感じで良い雰囲気でした。
最後はハッピーエンドでしたし、さらっと楽しめる作品だと思います。原題には超納得です^^

Why Didn't They Ask Evans? (1934)
[ お気に入り度: ★★★
スポンサーサイト
クリスマス・プディングの冒険
2007年 01月 09日 (火) | 編集
クリスマス・プディングの冒険クリスティー自身が料理長となり選択した、6編の作品から成る短編集で、
はじめに料理長から直々のご挨拶があり、メインディッシュ・添え物料理、
そしてデザートが用意されています。収録されているポワロ物5篇は、既に
海外ドラマ化されてて、例によってドラマを彷彿させながら読んだ訳ですが、
私的にどれも結構印象に残っている作品だったので、より美味しく味わう
事が出来たんじゃないかな?と。まずは、料理長がメインディッシュとした、
「クリスマス・プディングの冒険」。ドラマは 「盗まれたロイヤル・ルビー」
いうタイトルで、愚かな^^王子や曲者な外務次官、スーシェさんがさる公爵から本当に直伝された
というマンゴーの捌き方、子供達の明るい笑顔等が浮かんでくる楽しい作品でしたが、この原作も
クリスティーが子供の頃を思い出して書いたとあって、活き活きとしていて楽しめる話でした。
「スペイン櫃の秘密」 といえば決闘シーンや、あの惨い殺害場面が浮かんでくるけど、この小説で
ミス・レモンの実年齢が分かって吃驚。大尉をやたらと恋しがる?ポワロさんが嬉しかったです。
添え物料理としての 「負け犬」 では、従僕のジョージが活躍?してるんですね。
あと、「夢」 は、タイトルが一文字というのも何となく印象的な事件でしたが、ドラマのあの雰囲気が
活字でも感じられて。原作には無かったけど、ミス・レモン絡みのあのオチは面白かったですね。
デザートのシャーベットな 「二十四羽の黒つぐみ」 も、結構原作に忠実に出来てたんだな?と、
何だかやっぱり海外ドラマの出来に感心してしまった読後でありました。

The Adventure of The Christmas Pudding (1960)
[ お気に入り度: ★★★
ブラック・コーヒー (小説版)
2007年 01月 05日 (金) | 編集
ブラック・コーヒー (小説版)新年を迎え、ようやく更新が出来ました^^; 遅くなりましたが、
今年も何卒よろしくお願い致します。さて早速、本題?ですが、この作品、
既に戯曲は読んでまして、以前にUPした こちらの感想 にもチラリと書いたのですが、クリスティーの研究家のチャールズ・オズボーンという方が、
クリスティーの家族と財産管理人の同意の上、戯曲を元に小説化した、
"クリスティーにしてクリスティーに非ず" とも言える?作品でして、
私的には、何だか "二次小説" のような感じで楽しめたと思います。
クリスティーの表現では、明確な言葉として見られなかった(ように思えるんですが・・・)、
ポワロ⇔ヘイスティングズの愛情が窺えて、ちょっと嬉しかったかも。既に結婚している大尉は、
たまたま南米の牧場の事務的処理の為、ロンドンに来ており、そんな彼をポワロさんが電話で
呼び出し、二人で事件捜査に当たるという設定なんですが、冒頭で、大尉が近くに来てるから
胸騒ぎがするのかな・・・と思案するポワロさんの姿が見られて、これも何だか嬉しかったり。
訳者の中村妙子さんは、私が読んだ新潮文庫版の 「エンド・ハウス殺人事件」 の訳もされてて、
その後書きで、ポワロさんと大尉の会話に特に留意したとあり、ポワロさんは 「私・きみ」、大尉は
「ぼく・あなた」 と呼び合い、ドラマに近い丁寧語のポワロさんで(ちょっと文章では丁寧すぎるきらいがあるかもしれないけど)私は結構好きなんですが、この作品でも貫かれてて嬉しい要素でした。
そんな会話なども戯曲に忠実で、同様に巻頭にある舞台配置図から、家具や人物の位置も確認
出来、誰がどのタイミングで毒を入れたのかも途中で書かれてるので、犯人当てというよりは、
やっぱり戯曲的な感じ?で楽しめるのかも。(ちなみに 「ペットちゃん」 は 「坊やちゃん」 でした^^;) ジャップ警部も登場するし、これは是非、海外ドラマでも観てみたいな?と思いました。

Black Coffee (1998)
[ お気に入り度: ★★★
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。