FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホロー荘の殺人
2006年 11月 17日 (金) | 編集
名探偵ポワロ [The Hollow]これも、スーシェさん表紙の ペーパーバック で紹介させて頂きますが、
最新に(と言っても一年以上前だけど^^;)放送された四作品の中では、
「五匹の子豚」 に次ぐ好感度でしょうか。とても良い感じだったと思います。
時間をフルに使って、原作の雰囲気が良く表現出来てたと思うし、
綺麗な景色と音楽も印象に残りました。
また、時折映る、プールの揺れる水面も効果的でしたね。
ちょっと残念だったのが、ミッジとエドワードがあっけなくくっついちゃう事と、
(まぁ、あれは事件の本筋からは離れるからなぁ・・・エメラルドの件とか結構好きなんだけど)
最後に、泣きながら彫刻を彫るヘンリエッタが無かった事くらいでしょうか。
そのヘンリエッタの孤高の愛と、彼女とポワロさんとの確執と触合いも良く出てたし。
他の俳優さんも声優さんもイメージ通りで、合ってたと思います。
特に良い味が出ていたのは、ルーシーとガジョンと、それからガーダの友人かな^^
ポワロさんの登場も早く、無理の無い感じでしたね。「あなたがどなたか存じませんが」 と言われ、
思わず目を剥いたり、ベンチに腰掛ける前にハンカチを置く、相変わらずのお姿も見られたし。
退場の際には、原作通り 「私は死者と一緒に残っています」 と言ってくれたのは、
ちょっと嬉しかったかも。特にこの作品は、静かに、でも鋭く事件の真相を捉えている、
原作のポワロ像が、結構出ていたのではないかな、と思います。
[ お気に入り度: ★★★★

名探偵ポワロ (NHK-BS2:2005年8月放送) / The Hollow
原作邦訳: 『ホロー荘の殺人』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。