FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地中海殺人事件
2006年 11月 30日 (木) | 編集
地中海殺人事件「白昼の悪魔」 が原作の作品ですが、私はこの原作読んでなくて(汗)、
以前に観たスーシェさん版を頼り?に、何となく比較しながら観てました。
ユスティノフさんのポワロを観るのも、もう4作目で抵抗などはないけど、
(あの水着姿はどうかと思うが^^;)個人的に楽しいのは、スーシェさん版
ですね。あちらの 「白昼の悪魔」 では、お馴染みメンバーにも会えるし^^
でもやっぱり、事件が起こってからの展開は面白くて、容疑者を集めての
謎解きにもワクワク。「名探偵ポワロ」 には無かった宝石紛失事件や、
冒頭の事件も最後に劇的に絡んできて、その演出はこっちの方が面白かったような気が。
また、息子さんが娘さんになってましたが、私的には、その方が良いんじゃないかな?と。
やっぱり継母には、娘の方が敏感になるだろうし・・・なんて思ったのですが、
ひょっとして原作は、こちらの設定なのかしら? 謎解きでポワロの説明を聞きながら、
改めてその名推理ぶりに感嘆し、この事件って謎が上手く絡みあってて、結構面白いんだな?
こりゃ原作読まなきゃ、と遅まきながら思いました^^; 久しぶりに新鮮な気持ち?で読めるかも。
あと、ラストのポワロのハプニングにはビックリ。可哀相でした・・・

(1982年/イギリス)
原作邦訳: 『白昼の悪魔』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。