FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハロウィーン・パーティ
2006年 12月 16日 (土) | 編集
ハロウィーン・パーティ昔、ポワロ熱が冷めかけた頃に購入。でもやっぱり読まずで、
以降未読のまま、ずーっと本棚の奥で眠っていた一冊です。
実は、何とかして読みたいとは前々から思っていたのですが・・・
というのも、ハロウィーンは私の誕生日なんですね?(←だから何?)
正直、内容としては後に残る物はありませんでしたが、そんな超個人的な
理由も有ったので、今回読み切る事が出来て、ちょっと安堵?してます。
そうワクワク感もなく、でも苦もなく自然に読めたって感じでしょうか。
ポワロさんもすっかり晩年を迎え、話の流れやお気に入り度は全然違うのですが、
私的には、「象は忘れない」 と似たような雰囲気だったかな。後書きにもありましたが、
静けさが漂ってる作風でした。訳は中村能三氏でしたが、やっぱりこの方の訳は好きですね。
落ち着いたポワロさんが味わえるというか。「さよう」 と泰然としてるポワロさんが何だか良いです。
スペンス警視も穏やかに歳を重ねられてるご様子で。オリヴァ夫人は相変わらず?でしたが^^;、
小説の事を語る時の彼女は、クリスティーの気持ちを代弁してるんだろうなと、強く感じました。
何の繋がりも無さげな過去の事件が、例の如くポワロさんによって組み合わされていくのですが、
それが予想外の方向で、やはりクリスティーは上手いというか、面白いなと感心。
犯人は片方は分かりましたが、もう片方は意外な人物でした。そしてミランダの事にもビックリ。
彼女は何となく気に入ってて、行く末を案じていたので、助かって良かったです。

Hallowe'en Party (1969)
[ お気に入り度: ★★
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
少し寂しさを感じる作品です
おはようございます!

とうとう「ハロウィーン・パーティ」をお読みになられたのですね!
しかも、ハロウィーンがお誕生日とのこと。かなり遅ればせながら、おめでとうございますv-25

私も最近読み返した所です。ポワロも大分年をとって(一体いくつの設定なんでしょうか?)、懐かしい顔ぶれもありで、穏やかさを感じさせる作品だと思いました。

きまぐれ猫さんが苦手な「オリヴァ夫人」が登場する長編作品としては六つ目、最後から二つ目となりますね。

ポワロが直接事件に巻き込まれたり、当事者から依頼されるのではなく、親しい友人から依頼を受けるパターンは、クリスティが「私立探偵」の扱いに難しさを感じてきた時期だからでしょうか。少し寂しさを感じます。

ところで、前回レヴューなさっていた「ひらいたトランプ」はオリヴァ夫人が長編初登場のものなんですが、ドラマの方は何だか、またまた設定変更が色々あったようで、見るのが不安です。私はこの作品結構好きなんです~v-406
2006/ 12/ 18 (月) 08: 28: 33 | URL | エラノール # [ 編集 ]
ありがとうございます*^^*
エラノールさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

お祝いのお言葉、ありがとうございますv-238
いや~もう素直に喜べる回数ではないのですが^^;
昔は 「ハロウィーンが誕生日」 と言っても、あんまり通じなかったのですが、
(「10月って31日まであったっけ?」と返ってきた事もありましたi-229
最近は世間様でも定着してきたのか、大分分かって貰えるようになりましたねe-487

確かにポワロさんも晩年の作品では、親しい友人から依頼ってパターン多いですね。
中盤からの登場や、「あなたは亡くなってたかと思ってた」 と言われることもありますし。
クリスティーにとって時折、ポワロさんは苦痛の種だった事もあるようで、
仕方ないかもしれないけど、ファンとしては、少し寂しい気持ちになっちゃうかな・・・
オリヴァ夫人ってそんなに登場してたんだ~と今更ながらですが、感心?しました。
私は 「マギンティ夫人」 は一度読んでるので、あと完全に未読なのは 「第三の女」 かな。
これも頑張ってみようと思ってます^^;

>「ひらいたトランプ」
私もこの原作はかなり好きなんですが、まぁドラマはドラマとして、
また違った意味?で楽しめたと思います。(もちろん原作の方が良いですが)
バトル警視ファンには、残念だけど一安心といったところでしょうか。
ロウダの扱いには、ちょっと・・・と思われるかもしれませんが。
オリヴァ夫人は、結構想像通りのお姿でした。これからもご活躍が観られるかと・・・
エラノールさんのご感想もぜひぜひお聞きしたいです~楽しみにしていますi-175

またいらして下さいね、お待ちしております。
2006/ 12/ 18 (月) 22: 06: 30 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。