FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葬儀を終えて
2006年 12月 21日 (木) | 編集
名探偵ポワロ[葬儀を終えて]またまた印象深い ペーパーバック で紹介させて頂きます。
お気に入り度は☆4つとなってますが、う?ん、実質は☆3.5くらいかな?
偽装遺言状や権利書の紛失、狭まった血縁関係や意外な恋愛などの
アレンジがあり、少し作風は変わってしまったかもしれませんが、原作の
雰囲気(地味さ加減?)は出てたと思います。今回放送された三部作?の
中では、一番の出来だったんじゃないでしょうか(と何を偉そうに・・・)
エンダビーの庭園は綺麗で、鮮やかな緑をバックにポワロさんも威風堂々。
今回のポワロさんは、名探偵の名に相応しい貫禄というか、穏やかに、でも鋭く確実に
真実を捉えていきましたね。最後の最後で疑いの矛先がガラリと変わったあの謎解きでは、
ロザムンドじゃないけど、「ポワロさんって、やっぱり頭が良いわぁ?」 と今更ながら、しみじみ。
あの発想の転換がね、凡人には出来ないよなぁ・・・。

キャストですが、ポワロさんが 「ギルバート」 と呼ぶ仲のエントウィッスル氏が、私の想定より
身も心も^^若い方で、お声が良かったですね。恋心を抱く方と良い関係になってくれれば、と。
もう一つの意外なカップルも、何となく理想的だと思ってたから、特に不快感?もなく。
(でもホテルのシーンはあんなに必要かなぁ・・・何か最近のシリーズには良く出てくるような気が;)
ジョージはちょっと気に入ってたので、あの境遇には少し同情しちゃったかも。
あんなエンドで余韻も残ったのでしょうが、彼もいずれは彼女と一緒になって欲しいな。
また、コーラの元ダンナの登場には吃驚。ほんまに亭主かいな、と疑ってしまいました^^;
あと、どこかで見た絵だと思ったら、ヴェルメールがレンブラントになってましたね。(細かいなぁ)
最後の犯人の豹変ぶりは原作以上で、ちょっと怖かったです。ネタばれなんで伏字にしますが、
オールド・ミスって、やっぱり淋しいものなのかなぁ・・・と思ってしまったり(←伏字ここまで)
私的に一番残念だったのは、「ムッシュー・ポンタリエ」 が出てこなかった事ですね^^;
でも、今回の作調には全く合わないので、それも結果オーライという事で。
[ お気に入り度: ★★★★

名探偵ポワロ (NHK-BS2:2006年12月放送) / After the Funeral
原作邦訳: 『葬儀を終えて』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。