FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハヤカワ・ミステリ文庫のお気に入り表紙
2006年 12月 25日 (月) | 編集
そして誰もいなくなった自己満足かと恐縮なのですが、本日のUPで、 小説・海外ドラマ・関連作品
も合わせて、ちょうど100作のポワロ物関連の感想を書く事が出来ました。
(99の謎で99作目にしてみたかったが・・・とちょっとつぶやいてみたり^^;)
ここまで続けてこられたのも、いつもお越し下さってる方々や、
お世話になっておりますサイト様のおかげだと、本当に感謝しております。
ありがとうございます。で、その 「アガサ・クリスティー99の謎」 の本で
ハヤカワ・ミステリ文庫の表紙を描かれた真鍋氏の事が触れられてまして、
氏の 「全作品のカバーを描いたことは、私の勲章である」 という言葉に思わず感動。
クリスティー文庫よりは、ハヤカワ・ミステリ文庫の方に愛着がある私にとっても、これらの
表紙は大好きでして、作品を象徴し印象を残してくれた、とても素晴らしい絵だと思っています。
そこで、100作UP記念でもないけど、私の印象に残っている表紙について、少し語ってみようかと。
やはり作品内容にインパクトあったのが主なんですが、未読だけど惹かれるってのもありまして。
で、やっぱり最初は、何と言っても右上の画像の 「そして誰もいなくなった」 なんですよね?。
もうタイトルを聞いただけで、この絵が目に浮かんできてしまい、一人ゾクゾクしてます。
以下、表紙のお気に入り作品を、コメントと共に挙げていきます。

ビック4
 ビック4
  内容はイマイチ?でしたが、この絵はとても素敵だと。
  親父さんのせいで、2冊も購入せざるを得なかった、
  思い出のある一冊です^^
三幕の殺人
 三幕の殺人
  実は新潮文庫で読んだので、馴染みがないのですが、
  何だか抽象的でオシャレだなと。ひょっこり覗いている、
  ポワロさんの大きな影^^も、印象的ですね。
杉の柩
 杉の柩
  2人の女性を象徴するような、紅と白の薔薇。
  大好きなこの作品を、なお一層、
  情緒豊かな物にしてくれたように思います。
ナイルに死す
 ナイルに死す
  作品の舞台がズバリ表示されてますね^^
  これもタイトルを聞くと、まずこの絵が
  浮かんでくるほど、馴染み深いものです。 
カーテン
 カーテン
  これはちょっと語りたくないかも・・・?
  「スタイルズ」 や 「ブラック・コーヒー」 等でも見られる、
  ポワロさんの影絵?が何だか好きなんですよね。
ゼロ時間へ
 ゼロ時間へ
  崖っぷちの際どさが、タイトルを良く表してるかと。
  色使いも素敵で。デザインセンス皆無な身としては、
  なんでこんなのが描けるんだろうなぁ・・・と羨望。
スリーピング・マーダー
 スリーピング・マーダー
  言わずと知れた、ミス・マープル最後の事件。
  私はマープル物は全く未読で、恐縮なんですが、
  彼女の名前を聞けば、この絵の姿が浮かびます。
シタフォードの秘密
 シタフォードの秘密
  これも未読ですが、江戸川乱歩も上位にあげるほど、
  とても面白い作品のようですね。書店でこの絵に
  非常に惹かれ、思わず手に取った記憶があります。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
100作目の感想、おめでとうございます\(^O^)/
きまぐれ猫さん、こんにちは。
なるほど、「99の謎」が99作目でしたか! こりゃ、まいった\(●o○;)ノ

Yuseumは、今はクリスティー文庫で統一しちゃったけど、それまでは創元推理文庫とハヤカワ文庫でボチボチ揃えていました。
これらは、今は実家に置いてあります。

『杉の柩』は中古本が実家にあるのですが、経年変化でカバーが少し色褪せたようになっていたのが、かえっていい感じを醸し出していますv-254

あと、『ナイルに死す』と『スリーピング・マーダー』も、真鍋さんの書影を思い出しますね。
『そして誰もいなくなった』は、これとクリスティー文庫と、そしてハヤカワ・ポケットミステリの3冊を保有していることになります。(うち、ハヤカワ文庫は実家。)
3冊とも、訳は同じなのですがv-398
ポケミスは、発刊45周年記念復刊フェアのときに、当時ハヤカワ文庫で持っていたのに、つい買っちゃいました。
なんというか、抽象的な表紙です(゜_゜=

『ビッグ4』の表紙は初めて見ましたが、インパクトありますね~!
2006/ 12/ 26 (火) 14: 29: 41 | URL | Yuseum # [ 編集 ]
ありがとうございます(-^〇^-)
Yuseumさん、こんばんは。いつもご来訪ありがとうございます。

いや~数えてみたら、「99の謎」 で100作目だったんですよ。
99作目にすれば良かった!と思ったのですが、後の祭りでしたv-388

クリスティー文庫も大人っぽくておシャレな表装ですよね、
統一したら、さぞかし圧巻で綺麗だろうなぁ~と、羨ましいですv-344
私はハヤカワ文庫と新潮文庫派?となったのですが、大好きなひらいたかこさんの
創元推理文庫も、揃えたら素敵だったろうなと思った事があります。

確かに 「杉の柩」 は、年を重ねる毎に、味が出てくるかもしれませんね。
また、「そして誰もいなくなった」 の同じ訳の本を三冊もお持ちだとは^^
でも、ご購入されたお気持ち、良く分かります~v-354
ハヤカワ・ポケットミステリの表紙は、一度見てみたいですね。
あと 「ビッグ4」ですが、今回紹介させて頂いた表紙の中でも、一番のお気に入りかも。
この素敵な色使いが良いんですよね~ほんとにインパクトがあって。

またいらして下さいね、お待ちしております♪
2006/ 12/ 26 (火) 19: 38: 28 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。