"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アガサ・クリスティー99の謎
2006年 12月 25日 (月) | 編集
アガサ・クリスティー99の謎「アガサ・クリスティー百科事典」 のレビューに頂いたコメントで初めて
存在を知り、少し気になってたのですが、書店で立ち読みして購入を決意。
(Yuseumさん、いつもありがとうございます) こういった99の謎とかいう
本は、パラパラと読めて、思わぬ知識も得られて楽しいですね。
タイトル通り、アガサ自身の生い立ちや性格・趣味といった伝記的事柄から
始まり、ポアロやマープルら主要人物・作品全般の事、映画・戯曲作品等の
謎がつまっていました。私は、アガサ自身の事は、基礎知識?くらいしか
持ってなかったので、なかなか興味深く読めたかな。若い頃の彼女の写真も見られたし。(父親がアメリカ人だったとは知りませんでした)
ポアロ関連では、復習的?な内容がほとんどでしたが、スーシェさん達お馴染みの面々の
写真も載ってて、何だか嬉しかったり。(ジャップ警部が渋かったです*^^*)

で、私が興味を持った謎について、幾つか語ってみたいと思うのですが(かなり長文です^^;)、
今回もまた、ネタばれに近いので、ご注意下さい。(最近多くてごめんなさい・・・)
なお、 の後の数字は、この本で与えられてる 「謎」 の数字です。
28. クリスティーは題名や表紙にこだわる作家だった?
    これは有名なのかな?私も 「ヘラクレスの冒険」 で、裸で風呂に入ろうとしてる
    (ように見える?)ポワロさんの絵にクリスティーが苦情を入れ、人物絵を書く事を禁じた
    という逸話を耳にした事があります。(一体どんな絵だったんだろう・・・)
    人物の絵は、その型にハマっちゃうから危険なのかも?

47. 『カーテン』 出版裏話とは?
    この裏話を知られただけでも、購入した甲斐があったと思ったかもしれません。
    よくレビューでも触れてる、私の好きな訳者・中村能三氏にこんなご苦労があったとは・・・。
    「アクロイド」 や 「ABC」 「象は忘れない」 といった大好きな作品を、この方の訳で読めて、
    本当に良かったと思います。(もちろん 「カーテン」 もですが)

48. 最後の登場作品のときポアロは何歳だった?
    百三十歳とする説も書かれてあったのですが・・・いやぁ、それはないでしょう^^;

77. 殺され方のベスト5は?
    ズバリ答えを書いちゃいますが、1位はもちろん?毒殺です。
    比率的には、対象作品を長編の66作に限定しても、被害者数は161名で(一冊平均2.4人)、
    毒殺はダントツの62名(39%)。以下、射殺23名(14%)、撲殺21名(13%)、
    刺殺16名(10%)、絞殺15名(9%)だそう。う?む、さすがは "毒殺の女王"。恐るべし・・・

78. 殺人の被害者は男性と女性、子供、青年、中年、老年のどれが多い?
    こちらは本格推理の長編の55作で統計。結果は以下の通り(数字は%)です。
     ?性別 男性:41.9、女性:58.1
     ?年齢比率
       子供:4.8(男3.2、女1.6)   青年:32.3(男6.5、女25.8
       中年:42.8(男22.6、女20.2) 老年:20(男9.7、女10.3
    青年の女性の被害者が同じ男性と比べて、圧倒的に多いのが特徴と書かれてました。
    (だから何?って、筆者も述べてましたが^^;)

93. 日本でのクリスティー初訳は?
    大正13年(1924年)に連続紹介された短編作品が初めてらしく、「ポアロ登場」 ならぬ
    「ポアロの頭」 で連載だったとか^^;記念すべき第一作は、「マースドン荘の惨劇」 との事。
    短編集として初刊行された 「クラブのキング」 の表紙が掲載されてたのですが、
    「グンキのブラク」 と逆から書かれている所が、時代を感じさせて良いですね^^
    ちなみに長編の初紹介は、もちろん? 「アクロイド」 で昭和2年(1927年)。

96. クリスティー作品を最も多数手がけたイラストレーターは?
    日本では、ハヤカワ・ミステリ文庫の表紙でお馴染みの真鍋博氏。2004年に85冊の
    クリスティー作品を並べた展覧会が催されてたそうで、さぞかし圧巻だったろうなと。
    う?ん、見てみたかったですねぇ。(その表紙について、少し こちら で語ってみました)

99. クリスティー自身のお気に入りの自作とは?
    1972年にクリスティーと面会した数藤氏によると、以下の作品をあげてくれたとか。
      →「そして誰もいなくなった」 「アクロイド殺し」 「オリエント急行の殺人」 「予告殺人」
        「火曜クラブ」 「ゼロ時間へ」 「終わりなき夜に生まれつく」 「ねじれた家」
        「無実はさいなむ」 「動く指」 (その時の気分によって変わるそうですが)
    また、日本でのクリスティー人気を確立したとされる、あの江戸川乱歩氏が選んだ
    ベストエイトも載ってまして、以下の8作品です。
      →「そして誰もいなくなった」 「白昼の悪魔」 「三幕の殺人」 「愛国殺人」
        「アクロイド殺し」 「ゼロ時間へ」 「シタフォードの秘密」 「予告殺人」

あと最後に、あの羽生棋士の解説も付いていたのですが、面白かったです。
彼もクリスティーの愛読者だそうで、一番に 「アクロイド殺し」 を挙げ、
自分が鈍感で良かったとつくづく思った、と語られていました。
あんな頭の良い人と同じ感想を抱いたなんて、何だか嬉しい?じゃないですか^^;
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。