"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマス・プディングの冒険
2007年 01月 09日 (火) | 編集
クリスマス・プディングの冒険クリスティー自身が料理長となり選択した、6編の作品から成る短編集で、
はじめに料理長から直々のご挨拶があり、メインディッシュ・添え物料理、
そしてデザートが用意されています。収録されているポワロ物5篇は、既に
海外ドラマ化されてて、例によってドラマを彷彿させながら読んだ訳ですが、
私的にどれも結構印象に残っている作品だったので、より美味しく味わう
事が出来たんじゃないかな?と。まずは、料理長がメインディッシュとした、
「クリスマス・プディングの冒険」。ドラマは 「盗まれたロイヤル・ルビー」
いうタイトルで、愚かな^^王子や曲者な外務次官、スーシェさんがさる公爵から本当に直伝された
というマンゴーの捌き方、子供達の明るい笑顔等が浮かんでくる楽しい作品でしたが、この原作も
クリスティーが子供の頃を思い出して書いたとあって、活き活きとしていて楽しめる話でした。
「スペイン櫃の秘密」 といえば決闘シーンや、あの惨い殺害場面が浮かんでくるけど、この小説で
ミス・レモンの実年齢が分かって吃驚。大尉をやたらと恋しがる?ポワロさんが嬉しかったです。
添え物料理としての 「負け犬」 では、従僕のジョージが活躍?してるんですね。
あと、「夢」 は、タイトルが一文字というのも何となく印象的な事件でしたが、ドラマのあの雰囲気が
活字でも感じられて。原作には無かったけど、ミス・レモン絡みのあのオチは面白かったですね。
デザートのシャーベットな 「二十四羽の黒つぐみ」 も、結構原作に忠実に出来てたんだな?と、
何だかやっぱり海外ドラマの出来に感心してしまった読後でありました。

The Adventure of The Christmas Pudding (1960)
[ お気に入り度: ★★★
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。