"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎のエヴァンズ殺人事件
2007年 01月 13日 (土) | 編集
謎のエヴァンズ殺人事件今日は久しぶりにポワロ物以外の小説です。これはハヤカワ文庫では、
「なぜエヴァンズに頼まなかったのか?」 ってタイトルですよね。
でも私はクリスティーを読み始めた初期の頃に、新潮文庫で読みまして、
こちらのタイトルの方が思い入れ?があるので、今回は敢えて新潮文庫版
で紹介してみました。何がインパクト強かったかというと、この表紙の
写真の女性がね、むっちゃ美人やわぁ?と同性ながら感心?したので。
実際、作中でも主人公の心揺さぶるミステリアスな女性でしたし。
(写真のみ こちら で拡大してみました^^;が・・・サイズ大きくてスミマセン)
この作品には、いわゆる "名探偵" は出てこないのですが、お人好しで毒に強すぎる^^主人公、
彼の幼馴染で、活発かつ勇敢なご令嬢、どもりがちだけど大事な場面で活躍する親友など、
(彼のセリフを読むと、何となく芦屋雁之助が演じていた 「裸の大将」 を思い起こしてしまう私・・・。
♪野に咲く?花のように?風に吹かれて?って古いなぁ^^;) 彼らと一緒にドタバタ?しながら、
ワクワク出来る展開で、結構楽しめました。また彼らを取り巻く面々も、なかなか魅力的でして、
犯人の男も本当に悪い奴なんだけど、何だか最後まで憎みきれなかったし。主人公と父親の、
ギクシャクしてるけど、信頼し合ってる関係ってのも、家族って感じで良い雰囲気でした。
最後はハッピーエンドでしたし、さらっと楽しめる作品だと思います。原題には超納得です^^

Why Didn't They Ask Evans? (1934)
[ お気に入り度: ★★★
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
おお! これは美しいですね(#^_^#)
・・・ということで、きまぐれ猫さん。
遅ればせながらあけましておめでとうございますm(__)m

ノン・シリーズものはあんまり読んでいなくて、(というのも「名探偵」が出ていないからi-229、)この「エヴァンズ」も例外ではないのですが・・・(^^ゞ

ドラマ化されていたのを、ミステリチャンネルで放映していたから、それは録画してます(^_^)v
でも、前・中・後編の3部構成で、かなり長そうだから、まだ見ていません(__;)
DVDも出てますけど、あまりに長すぎて、英語版と日本語版が1枚のv-52に収まらないから、別々に売られていたのにはびっくりv-12
2007/ 01/ 13 (土) 22: 55: 36 | URL | Yuseum # [ 編集 ]
遅くなってしまってすみません。
Yuseumさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ありません。
そして遅ればせながらですが、明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い致します。

この女性って美人ですよね~当時はまだ中学生だった私は、
大人の美しさv-254に思わずウットリしてしまった記憶があります^^;
ドラマになってるのは知ってましたが、そんなに長いんですか!
日本語版と英語版が別々だなんて、本当にビックリです。でもドラマには向いてるかも。
名探偵不在ならではの二転三転する楽しさが、じっくり詰まってるのかなぁ・・・
ご覧になった折には、是非ご感想をお聞かせ下さいv-354

あと、海外ドラマベストテンへのコメントもありがとうございました。
返事をあちらに書こうとしたらエラーが出たので、こちらに書かせて頂きますね。
長文になってしまって済みません。(う~む、FC2ブログ・・・)

>ABC
NHKで放送された日本語版、あの大尉のオイシイ発言の件はカットされてましたね。
初めて観た時は「重要やのに何でやねんv-359」でしたが、理由は初めて知りました。
う~む、やっぱり?NHK・・・

私が持ってる2枚(^^;)のDVDも[完全版]ではなく、日本語と英語が入り混じってるのが、
結構面白かったりするのですが、[完全版]では大尉の声が、富山さんと安原さんで
突如変わるのは違和感だろうと、カットの少し前から吹替え直しをしてるんですよね。
第3の手紙の部分は、最初から安原さん声で・・・少し寂しかったです(仕方ないんだけどv-406

また、TBありがとうございます。「スタイルズ」は本当に丁寧に作られてるな~と感じました。
「アクロイド」は、感想にも書いたのですが、観る前は、あの原作をどう映像化するのか、
正直不安だったんですが、あの始まりが他とは少し違うぞって感じで、
私は印象悪くなかったですね。ドラマとしては楽しめたと思います。
ラストの銃の事は全く同感です。でもジャップ警部の活躍が拝めたので、まぁ良いかな~と^^
あと、パーカーの事はちょっと・・・でも、盛り上げの為なのか~とか思いました。

スーシェさんは「アクロイド」もお好きな作品として挙げておられたのですね。
私が以前に観たミステリチャンネルのインタビューでは、確か原作では「ABC」が好きだとか
言っておられたので、何だか嬉しかったりしました。

>「ダベンハイム」のオウム
あれは面白かったですね~!ポワロさんとオウムって、絶対相性悪そうi-229

またいらして下さいね、お待ちしておりますe-68
2007/ 01/ 17 (水) 19: 05: 35 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
今年もよろしくお願いいたします♪
きまぐれ猫さん、
お久しぶりになってしまいました(汗)。
もう1月も下旬となってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。

ノン・シリーズですが、こういった「ご令嬢」が出てくる、ちょっとのんびりした所のある、ラヴサスペンスもクリスティらしくって好きですv-344

おなじみの探偵が出てこないと、最初は「ん?・・・」という感じでとっつきが悪いんですが、読んでみると何でも面白い~!って感じになりますよね。さすがです。

私の方は最近は、「殺人は容易だ」を読み返しました。すっかり忘れていたんですが、バトル警視が登場していました。彼って、結構いろいろな所に顔を出しているんだなぁと感心です。今度リストを作ってみようかな・・・とか。

後は、ミス・マープルの完全版DVDを購入しようか思案中です。
2007/ 01/ 22 (月) 08: 27: 09 | URL | エラノール # [ 編集 ]
きまぐれ猫さん、ご無沙汰です。
最近ブログ・アップされていないようなので、きまぐれ猫さん、体調でも崩していないのか少し心配v-12

「満潮に乗って」の放映が決定したみたいなので、TBしておきます。
2007/ 04/ 03 (火) 21: 30: 24 | URL | Yuseum # [ 編集 ]
いかがお過ごしですか?
きまぐれ猫さん、お久しぶりです。
たまに覗いてみていたのですが、このところ更新されていないようなので、私も心配していました。
お仕事がお忙しいのかな?とか、お身体の調子がよくないのかな?とか。
再開を待ってますねv-344
2007/ 04/ 07 (土) 23: 49: 37 | URL | エラノール # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。