"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メソポタミヤの殺人
2006年 08月 27日 (日) | 編集
特にこの作品は初めから、底流に物悲しさがずっと、
流れ続けているって感じられて仕方なかった。
原因は、舞台が今迄の近代的な都会やちょっと離れた田舎とは
異なる中近東で、考古学という世界だから?
クリスティの再婚初期に書かれた作品だから?はたまた語り手が、
女性の看護婦という、いつもとは違った観点だったからかもしれない。
そして最後には、ポワロさんが誘う過去の世界への旅路に、
滔々と、滔々と…いずれにせよ、とっても良作だと思う。
ちなみに、大して活躍もしないレイリー医師が気に入るのだが、
海外ドラマでは登場が無くて、ちょっと悲しかったかも。
[ お気に入り度: ★★★★

Murder in Mesopotamia (1936)
海外ドラマ: 『メソポタミア殺人事件』 (名探偵ポワロ [完全版] Vol.30
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
完全版DVDから「メソポタミア殺人事件」についてです。 このブログ、すっかり「名
2006/09/07(木) 22:03:22 | エラノールのたんすの向こう側  
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。