FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
満潮に乗って
2006年 09月 01日 (金) | 編集
これも、かなりお気に入りの作品。
私が惹かれるのは、事件に絡んだ男女の哀しい愛情関係なんだけど、
これまたお気に入りな作品の 「杉の柩」 や 「五匹の子豚」、
ポワロ物じゃないけど 「ゼロ時間へ」 などと共通する印象があるかな。
ポワロさんの事件への絡みが、やや強引な気がしなくもないが、
動機と殺害が入り乱れた、複雑な殺人事件の流れも興味深いし、
最後にポワロさんが犯人を暴くまでの場面は、
思わず引きずり込まれてしまった。
英国ではすでに海外ドラマが放送されたそうで、是非とも観てみたい作品だ。

Taken at the Flood (1948)
[ お気に入り度: ★★★★★
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
リンクさせていただきました
こんにちは♪

連日の書き込み失礼いたします^_^;

事後報告になってしまって申し訳ありませんが、勝手ながら、きまぐれ猫さんのブログを「たんすの向こうの世界」として私のブログにリンクを張らせていただきました。

これからもよろしくお願いいたします。

話は変わりますが、クリスティの作品って、筋は分かっていても、何回も読み返したくなりますよね☆
2006/ 09/ 02 (土) 15: 12: 39 | URL | エラノール # [ 編集 ]
リンクありがとうございます
エラノールさん、こんにちは。
またのご来訪ありがとうございますーうれしいです♪
リンクありがとうございました、こちらからもリンクさせて頂きましたので、
これからもどうぞよろしくお願いします。
「白昼の悪魔」ご覧になったようで、私も記事をUPしてから、
エラノールさんのご感想を読ませて頂こうと思ってます。
その時は、またブログにコメント書かせていただくかも、なのでよろしくです。
ほんとクリスティ作品は何度も読み返してますよ~結果は分かってるのに^^;
中毒性があるのかもしれませんね。
ぜひまた遊びにいらして下さいね、お待ちしておりまーす。
2006/ 09/ 02 (土) 16: 13: 23 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。