FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もの言えぬ証人
2006年 09月 03日 (日) | 編集
これの原作は、あまり好きじゃないんだけど、
海外ドラマ版は、やはり雰囲気出てて良かったですね、風景が綺麗でした。
老婦人が亡くなり、親族一同の下で遺言状公開、そして醜い相続争い。
典型的なサスペンスのパターンのどろどろとした空気、霊媒などといった
少し怪しげな雰囲気を、可愛いフォックステリアのボブが、
頑張ってアクセントになって、ずいぶん軽くしてくれたように思います。
ポワロさんとのふれあい?や、2人(1人と1匹か)の並んだ光景なども、
微笑ましかったし。(結局はヘイスティングズが、よくボブの綱を持ってましたがw)
犬好きな方には、より好感度高かったのではないかと。(私は猫派でして^^;)
個人的には、就寝中のポワロさんを起こして、たしなめられる大尉が可愛かったですね
ところで思うんだけど、クリスティって老人が亡くなり、その親族に、豪放磊落そうに見えて
実は気の弱い?兄と、しっかりしてて気の強い妹に、頼りない亭主がいたりって設定、
結構あるような気がしません?(例えば 「葬儀を終えて」 とか 「ポアロのクリスマス」 とか)
ちなみに、この作品が富山敬さんの最後の出演との事で・・・本当に惜しい人を亡くしました。
遅まきながらですが、改めて哀悼の意を表します。・・・やっぱり大尉の声は貴方が良いです。
[ お気に入り度: ★★★

名探偵ポワロ [完全版] Vol.27 / Dumb Witness
原作邦訳: 『もの言えぬ証人』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/ 09/ 04 (月) 21: 45: 28 | | # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。