FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誘拐された総理大臣
2006年 09月 06日 (水) | 編集
典型的な、ポワロさんの腕の見せ所・独壇場な作品ですね。
彼の意図がさっぱり分からない警部や大尉はいつも(^^)ながら、
名探偵の価値すら解していないお偉方の振り回されっぷりが、
観ていて何だか滑稽というか、気の毒というか。欧州の危機を救った
ポワロさんって、やっぱりすごい人なのですね(ぉぃ、何を今更)
英国のアイルランド問題に関しては、私は全然詳しくないのですが、
根強いものがあるとは、何となく知っています。
私的見所は、大尉の追跡劇(結果はいつも通りなんだけど^^;)と、
ミス・レモンの、ちゃっかりと館名を思い出すシーンでしょうか。
あまり "お遊び" 的な光景は無いですが、事件解決への経過は面白かったと思います。
[ お気に入り度: ★★★

名探偵ポワロ [完全版] Vol.10 / The Kidnapped Prime Minister
原作邦訳: 「誘拐された総理大臣」 - 『ポアロ登場』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
トラックバックさせていただきました
こんばんは~♪

このドラマについてのコメントではないんです、すみません!
「メソポタミヤの殺人」にトラックバックさせていただきました。

それから、「ねじれた家」の方にもコメントさせていただきました(^^)

「更新日記」を見つけた時は、なんだか秘密の入り口を見つけた感じで嬉しかったです。

それでは、また!
2006/ 09/ 07 (木) 22: 16: 37 | URL | エラノール # [ 編集 ]
TBありがとうございます!
エラノールさん、こんばんは。
いつもご来訪ありがとうございます~励みになります☆
またTBありがとうございました!
せっかくブログですし、ガンガンやっちゃって下さい。
私もさせてもらうかも~なので、これからもヨロシクです^^
「メソポタミヤ殺人事件」ご覧になられたんですね!また感想読ませて頂くです~
あと、更新日記にもおいで頂き、ありがとうございました。
プライベート?な事も、ちびりちびりと書いていけたらな~なんて思ってますので、
宜しければ、また遊びにいらして下さいな~お待ちしております☆
2006/ 09/ 07 (木) 23: 26: 12 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。