FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぞの遺言書
2006年 09月 28日 (木) | 編集
名探偵ポワロ[完全版]Vol.21友人が殺害された為、いつもより怒っているポワロさん。原作が
大幅にアレンジされ、女性蔑視の濃い時代背景も窺えましたね。
「女性に男性と同等の地位を認めるものではない」 とか、
今ではとんでもないセリフには、思わずこっちが汗; だから尚更、
女性に敬意を表してるポワロさんが紳士に見えて、素敵でした。
今回も私の興味は、ポワロさん達4人組だったかな。「もちろん」 と
勝利の微笑を湛えるミス・レモンに、満足気に微笑み返すポワロさん、
「私がいる事は伏せておいて下さい」 (←このセリフ格好良かったわ) のジャップ警部、
ホワイトヘイブン・マンションで、皆でお茶する場面などに和んでましたw
あと、ひえー、ケンブリッジって。すげぇ?!なんて、変な所に感心したり。
[ お気に入り度: ★★

名探偵ポワロ [完全版] Vol.21 / The Case of the Missing Will
原作邦訳: 「謎の遺言書」 - 『ポアロ登場』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。