"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポワロのクリスマス
2006年 09月 13日 (水) | 編集
名探偵ポワロ[完全版]Vol.24面白かったです。好きな原作の内容にも、まぁ忠実でしたし、
期待通り、あちらのクリスマスの雰囲気も味わえました。
(オープニングでは、あれ?借りたDVD間違えた?と思いましたがw)
私はこの原作、犯人の正体が結構衝撃的だったので、ドラマ版では、
初めからその人物を追って、ちょっと "アクロイド風" に楽しみましたが、
これって原作読んでない人にも、すぐ正体分かっちゃうのかな?
あと、息子が欠けてましたが(彼も、どんでん返しのポイントなんだけど)、
さすがにドラマ版では、複雑になっちゃうのかな?なんて思いました。
一人で過ごすクリスマスでも、ポワロさんは鼻歌混じりで寂しそうでは無さそうでしたが、
あんな老人に呼びつけられ、結局、事件に巻き込まれちゃって、ちょっと気の毒でしたね。
でも親友とプレゼント交換出来て良かったかも。"ジャップ警部誘拐劇" は楽しかったし、
私も、警部の 「なるほど」 がまた聞けて嬉しかったです。
その警部曰く、"変わり者" の日本人が、こうやって感想を書かせて頂いてる訳ですがw
(あとは余談で長くなるので、こちらの更新日記 に書きます。)
[ お気に入り度: ★★★★★

名探偵ポワロ [完全版] Vol.24 / Hercule Poirot's Christmas
原作邦訳: 『ポアロのクリスマス』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
再びすみません。
最後でぶっ飛びました。私も原作お気に入りです。
これって、クリスティーの挑戦のような作品で、「アクロイド殺し」とその意味似てますよね。
ビデオは観てないのですが、気まぐれ猫さんのレビューを読んで、すごく見たくなりました。
工夫してあるみたいですね。
2006/ 09/ 13 (水) 23: 56: 38 | URL | ワルツ # [ 編集 ]
イギリスのクリスマス
こんばんは~v-238

私も、原作の登場人物で、出てこなかった人達がいたのが残念でした。

でも、(自分のブログにも書きましたが^_^;)、食事の後、客間にいる女性達に、執事が白い手袋をはめてお盆に載ったコーヒーセットを運んでくる・・・といった、上流階級の暮らしぶりを垣間見れるシーンに感激でした。

このシリーズって、ストーリーに関係ない何気ないシーンにも嬉しい場面が一杯ありますよね♪

ミセス・ジャップのポワロへの温かい心遣いにも感動でした。
2006/ 09/ 14 (木) 21: 57: 35 | URL | エラノール # [ 編集 ]
ワルツさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます。連日のご来訪、とても嬉しいです。

これって、ほんとに最後びっくりですよね、散々振り回された挙句の、あの人ですから。
そう言われてみれば 「アクロイド」 だなと、
ドラマ観た後、再度小説読み直して、やっと気がつきました(汗)
このドラマ、かなり原作に沿ってたし雰囲気も良く出てたので、
原作お好きな方にもおススメ出来ると思いますよー
ポワロさんのちょっとした仕草とか、
出てこないジャップ警部が登場したりと、楽しめるのではないかと。
機会がありましたら、ぜひご覧になって下さいね。

ところで、こちらで書かせて頂くのは恐縮なんですが、
ワルツさん宅のブログでのお返事ありがとうございました、
とっても来訪者が多い中、丁寧なお返事頂き、嬉しかったです。
「鳥」とか「魚」とかたくさん出てるんですね~知りませんでした。
私が働いてた頃は、「宙」まででしたので。本当に人気のある写真集でしたよ。
あと、以前にされていたTB企画に参加出来なくて残念。私、榎さん大好きなので・・・
話がころころと変わってしまって済みません。
また遊びに行かせて頂きますね、そしてまたのお越しをお待ちしております。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
2006/ 09/ 14 (木) 23: 19: 31 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
エラノールさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます。いつも嬉しいです~v-238

残念なお気持ち分かります~
カットされたもう一人の息子さんは、かなりポイント高いですし。
このドラマシリーズ、ポワロさん初めレギュラー陣の逸話も大好きなんですが、
本当に細部まで凝ってますよね~
それにしても、エラノールさんのご覧になってる箇所も細かい^^

あの手編みの手袋、心がこもってて温かそうでしたね。
私、警部が 「うちの家内がね」 というの好きなんですが、
果たして、ミセス・ジャップのご登場はいつになるんでしょう?^^;

またいらして下さいね、お待ちしております。
2006/ 09/ 14 (木) 23: 34: 25 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。