"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベールをかけた女
2006年 09月 21日 (木) | 編集
名探偵ポワロ[完全版]Vol.7これは見所満載で、文句無しに楽しめるハズ。いや?面白かった。
錠前屋になったり、仕事が無いから?自ら泥棒になったりと、
(凶悪犯の "狂犬" は、あっさり捕まってしまいましたがw
牢獄されてる姿は、お見逃しなく)七変化する我らがポワロさんと、
その盟友・ヘイスティングズ大尉の華麗なる逃げっぷり、
(ポワロさん投獄中、ちゃっかり彼の席に座ってたりするんですよね^^)
そして湖?に浮かぶ船を見て、遠い目で夢を語るジャップ警部など、
挙げればきりがありませんが、個人的には、恐喝者の後を追いかけていった大尉を、
ポワロさんが心配そう?に何度も 「ヘイスティングズ」 と呼ぶシーンが好きですね。
そして最後のどんでん返し。やっぱりさすが、ポワロさん。
大尉みたいに、しびれっ放しってな訳ではありません^^ あと、絶世の美女(なの?)の
レディー・ミリセント嬢が、前のドラえもんの、のび太くんの声だ!とか、
よく犯人に逃げられるドラマだなぁ、な?んて、細かい事は気にしちゃいけません^^
[ お気に入り度: ★★★★★

名探偵ポワロ [完全版] Vol.7 / The Veiled Lady
原作邦訳: 「ベールをかけた女」 - 『ポアロ登場』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
エラノール
おはようございます♪

昨夜のうちにコメントをさせていただきたかったのですが、睡魔に負けてしまいました(T_T) そうしている間に私の方へTBしていただいて・・・恐縮です。ありがとうございます☆

この作品は短編なのに、正しく「見所満載」ですね!

きまぐれ猫さんの文章からも、いたる場面で「くくっ」と、ファンならではの喜びを噛みしめて、笑いながら見ていらっしゃるご様子が目に浮かぶようです。

ポワロが自転車に乗っている姿なんて、マダムタッソーの蝋人形館ものだと思います。しかもその時のお髭はいつもと違って垂れてたし・・・。

「狂犬」も思い出し笑いをしてしまいます。

そして、レディ・ミリセント嬢の声!ちょっと鼻にかかった声に、ついつい「のび太君」を思い浮かべてしまって、シリアスになりきれませんでした(^_^;)

ホントに、濃い作品でしたね。
2006/ 09/ 22 (金) 08: 29: 57 | URL | # [ 編集 ]
すみません!
すみませんっm(__)m

上のコメント、あろうことか、「タイトル」の所に自分のHNを書いてしまいました。
2006/ 09/ 22 (金) 08: 32: 16 | URL | エラノール # [ 編集 ]
いえいえ
エラノールさん、こんばんは。コメントありがとうございます♪
TBどうもありがとうございました。
いつも楽しくレヴュー読ませて頂いてます。次は何かな~(わくわく)

すみません、今回の文章は、かなりイッちゃってたかもしれません。
いや~お恥ずかしながら、この作品は 「くくっ」 どころでは無く、
ずーっと 「ニヤニヤ」 しっ放しで・・・とても人様に見せられる状態では無かったと思います^^;
( 「狂犬」 は日本語版ではカットされてるんで、わざわざ完全版をレンタルしたんですよ)

さすが、お髭の点など詳しくチェックされてますね~^^ それは気が付きませんでした。
ポワロさんの自転車乗ってる姿も、レア物ですよね。
投獄されてる姿なんかは、何だかポワロさんじゃなくて、
これがデビッド・スーシェさんという俳優さんなんだな、なんてちょっと感じました。

また遊びにいらして下さいね~お待ちしております☆
2006/ 09/ 22 (金) 20: 32: 29 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。