FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猟人荘の怪事件
2006年 10月 03日 (火) | 編集
名探偵ポワロ[完全版]Vol.16事件的にも、なかなか面白い流れでした。
猟に付き合うなんて、あら珍しいと思ったら、冷たい外気にさらされて、
すっかり体を冷やしてしまったポワロさん。美味しい料理にもありつけず、
可哀想に、ついに熱を出して寝込んでしまう訳ですが、
さすが、灰色の脳細胞は、病魔に侵されてなかったみたいですね。
事件をベッドで聞かされて、「僕に任せておいて下さい」 と意気込む大尉に、
「何を?」 と即答するポワロさんが面白かったです。
(あの短いイントネーションで、熊倉声は本当に笑わせてくれます^^)
原作よりも早く復活し、几帳面な駅員さんの自転車の為にも、奮闘するのですが・・・
最後、警部に諭されて、「ふん、何だい、偉そうに」 (←この熊倉声もまた^^) とか
言いながらも、ポワロさん、ご機嫌は直ったようですね、良かった良かった。
あと、日本語吹替では、鉄道駅員の "息子さん" は、出てこないんですね。
こういう登場人物のカットもあるんだな?と、ちょっと変な所で感心?しました。
[ お気に入り度: ★★★

名探偵ポワロ [完全版] Vol.16 / The Mystery of Hunter's Lodge
原作邦訳: 「猟人荘の怪事件」 - 『ポアロ登場』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。