FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雲をつかむ死
2006年 09月 30日 (土) | 編集
これも新潮文庫で読んだ作品でして、
タイトルは 「マダム・ジゼル殺人事件」 でした。
今度は、飛行機の中で殺人事件に遭遇と、忙しいポワロさんです。
まぁ犯人は途中で分かったんですが、殺害方法や動機などは、
検討もつかず終いで、面白く読めたと思います。かなり大胆な犯人よね?
最近、あの楽しい海外ドラマを観てから読み直したのですが、
また、あのオシャレな雰囲気が沸々と蘇ってきたかも。
えっ、フルニエ警部って、結構やるじゃん(←失礼な・・・)とか、
この小説では、ジャン・デュポン君は、純でなかなか愛嬌のある青年だったので、
あのドラマでも、もうちょっと良い人で登場させて、
女主人公に救いをあげても良かったんじゃないかな、とか思ったりしました。
(一応ドラマでも、先を睨んだポワロさんが、寄付する旨は言ってましたけどね)
[ お気に入り度: ★★★

Death in the Clouds (1935)
海外ドラマ: 『雲をつかむ死』 (名探偵ポワロ [完全版] Vol.18
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
同感です
こんにちは~v-34

「ジャン・デュポン」君の扱いについては同感です!原作では、親子揃って、学究肌のいい人達でしたよね。しかもドラマでは、お父さんはもう亡くなっている設定だったし・・・(T_T)

あの、いかにも寄付目当て、という態度はひどすぎだと思いました~。ドラマって、誰でも疑わしそうに描かれていることがあるので、そこが残念です。

それから、遅ればせながら、「ゴルフ場殺人事件」にTBさせていただきました。いつの日か、きまぐれ猫さんのドラマの方のレヴューも読めることを楽しみにしています☆
2006/ 10/ 01 (日) 12: 57: 28 | URL | エラノール # [ 編集 ]
嬉しいです
エラノールさん、こんばんは。コメントありがとうございます v-344

デュポン君の事、ご同感頂けて嬉しいです。
ドラマの登場人物カットや幾分の人格変更?は、仕方ないかなーと分かってるんですが、
あの寄付金目当ては、ちょっと露骨だったので、気になったんですよ。
最後、悲しみにくれるジェーンさんをデュポン君が慰めてくれるシーンが
有るかな~と思ったら、結局、あのままで終わっちゃったし・・・

またTBもありがとうございました。じゃんじゃんやっちゃって下さい^^
こちらこそ、いつもお世話になってて、本当にありがとうございます。
「ゴルフ場殺人事件」 のドラマは、随分前に観たきりでしで、
手元に字幕版も持ってるから何時でも再鑑賞出来るんですが、まだ思い切れてません^^;
観るなら富山声では無い字幕で、と決めてるんですが・・・
このままでは、だいぶ先になりそうな予感です(困ったもんだ)

またいらして下さいね~お待ちしております☆
2006/ 10/ 01 (日) 20: 21: 56 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。