FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーンワルの毒殺事件
2006年 09月 30日 (土) | 編集
名探偵ポワロ[完全版]Vol.8降り続く雨、バックに流れる悲しげな音楽、依頼主を救えず悔いる名探偵、
毒殺された遺体の発掘・・・など、どこか暗い雰囲気漂う話の筈なんですが、
私的観点では、要所要所でつい笑みがこぼれてしまった話でもありました。
犯人は最初から、もう明白でしたが・・・いや、何となく悪人面だったし(ぉぃ)
二人の相合傘の姿が可愛かったです。特に最後のシーンとかね。
それにしても、"アバズレ" とか "すれっからし" とか散々言っときながら、
相変わらず大尉は美人に弱いですね・・・(つうか、ほんと弱すぎ)。
あれこそ脳天から電流が流れるっていうヤツの典型かな?大尉ってば露骨すぎ^^;
その様子を見たポワロさんも面白かったです。思わず 「mon Dieu!」 って感じで。
原作はあんまり覚えてないんだけど、最後の犯人を追い詰めるシーンを記憶してたのは、
ポワロさんにしては、珍しい終わり方だったからかなぁ。大尉にお手柄を分けてくれたのは、
嬉しかったですね。あれで少しは大尉の株も上がった・・・かも?(でも、あくまで少しだけ^^)
あと日本人として言っておきたいのですが、ポワロさん、あれは、きっと米のおかげですよ?^^
余裕綽々でウィンドウショッピング?を楽しむジャップ警部も可愛かったですが、結局、
いつもより露骨な引き立て役で終わってしまったような。いやはや、警部、ご苦労様でした。
[ お気に入り度: ★★★

名探偵ポワロ [完全版] Vol.8 / The Cornish Mystery
原作邦訳: 「コーンウォールの毒殺事件」 - 『教会で死んだ男』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。