FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死者のあやまち
2006年 10月 07日 (土) | 編集
死者のあやまちこれも、私の苦手なオリヴァ夫人が、
もう完全に主役級なので、なかなか読み辛かったかな。
実は、彼女が出てくる後期の作品は、あんまり食指が動かなくて、
まだ読んでない本もあるのですが・・・でも、これは一応、読了しました。
そんな感じなので、特に犯人を追及することなく、さらりと読んだのですが、
うーん、何となく分かったかも・・・あの屋敷に漂う物哀しさからかなぁ。
エンディングは印象に残りましたね。ちょっとしんみりしました。
お芝居の筈の殺人が実際に起こってしまい、捜査に当たる事になったポワロさん。
私が思ったのは、「ホロー荘の殺人」 の本の後書きの中で、クリスティーの言葉として、
「ポワロを事件に巻き込ませ、事件を担当させるのが困難になってきた」 とあったのですが、
確かに 「ホロー荘」 も、この作品も、何だかその傾向が、強く感じられたような気がします。
うーむ、犯人探しの正解者に、賞品を渡す役で登場って・・・。
嬉しかったのは、解決のヒントを与えてくれたオリヴァ夫人に対し、
ポワロさんが、ヘイスティングズ大尉の事を、懐旧してくれてる点ですね。
(そこだけは何度も読み返してます。わずか数行なのに^^;)

Dead Man's Folly (1956)
[ お気に入り度: ★★

死者のあやまちで、こちらは、おまけ?なのですが、
最近、たまたまピーター・ユスチノフさんがポワロを演じた、
この 「名探偵ポアロ/死者のあやまち」(1986年) を観る事が出来まして。
私はスーシェさん以外のポワロは、この方の 「ナイル殺人事件」 と、
あと、アルバート・フィニーという方が演じた 「オリエント急行殺人事件」
ぐらいしか観てないのですが(かなり前なのであんまり覚えてないけど;)、
この作品は、お祭の雰囲気とかも出ていて、なかなか楽しめたかな。
ユスチノフさんのポワロも、これはまた別の物?として、特に抵抗は有りませんでしたし。
ただヘイスティングズがね・・・いや、原作には出てこない彼が、登場してくれるんですが、
キャストとか全然知らなかったから、最初は 「うそ!これがヘイスティングズ?(悲鳴)」 状態。
何だかひょろひょろとした・・・私には巨人の二岡選手に見えて仕方なかったです^^;
(いや、別に二岡選手が嫌いな訳ではないですよ。ファンの方ごめんなさい)
一応、彼にもちゃんとパートナーとしての役も有ったから、その点は嬉しかったけどね。
スタッブス夫人はとっても美人で、その他の俳優さんも結構、美形どころが揃ってました。
ところで、我らが 「名探偵ポワロ」 のこの作品は、英国で来年放送予定なんですかね、
スーシェさんのポワロでも是非、観てみたいものです。まぁ、当分おあずけだろうけど・・・
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
こんばんは。
いつも、嬉しく読ませてもらってます。
気まぐれ猫さんが、とてもヘイスティングズ大尉を愛しておられる事に、今更ながら気づきました。
そう言えば、前から書いておられましたよね。

オリヴァー夫人は、私も苦手です。職業=女流作家だけど、クリスティーの雰囲気とは少し違う感じがします。作者がモデルでは無いのかな。
2006/ 10/ 08 (日) 02: 15: 41 | URL | ワルツ # [ 編集 ]
嬉しいです。
ワルツさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
こちらこそ、お越し頂いてて、とっても嬉しいです~v-344
ワルツさんのブログでは、いつも和ませてもらっています。

>ヘイスティングズ大尉
ポワロさんも警部も皆好きなんですが、気が付けば、大尉の事ばかり書いてる有様で、
すっかり偏った感想になってまして・・・いや、お恥ずかしいです^^;
後期の作品はほとんど登場しなくて少し寂しいんですけど、
何故か、彼が出てこない話の方が気に入ってるの多いですね^^;

>オリヴァー夫人
同士がおられて何だか心強いです。クリスティーがモデルと言われてますよね。
(彼女の分身とまで言われてるのかな?私も雰囲気が少し違うのでは?と思うんですが・・・)
だから好きになりたいと努力はするのですが、彼女が冒頭から出てるだけで、
何だか先に進まなくなってしまう自分が悲しいです(><)
ちょっと口うるさくて、鼻に触るというか・・・(好きな方、ごめんなさい)
創作活動などについて語る気持ちは、クリスティーを代弁してるんだろうな、とは思います。
海外ドラマの方でも、これからレギュラーで登場するのかと思うと、
今までのように観られるかどうか、ちょっと不安?な自分がいます。

確かミス・マープルは、クリスティーの敬愛する祖母がモデルとされてるとかで、
こちらも好きになって読んでみたいと思ってはいるんですが、結局手付かずのままで・・・

またいらして下さると嬉しいです~お待ちしております♪
2006/ 10/ 08 (日) 08: 08: 12 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。