FC2ブログ
"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海上の悲劇
2006年 10月 08日 (日) | 編集
名探偵ポワロ[完全版]Vol.4海上旅行を楽しむお二人さんでしたが、やっぱり事件発生。
(って、当たり前^^;) 二人の白いスーツ姿は涼しげで素敵でした。
で、内容ですが、最後の謎解きも含めて、あんまり・・・だったかな。
ドアの前のあの場面でね、もうどうぞ疑ってくれってもんだし、
犯人の職業的な正体に絡んだトリックも、う?ん、だったし・・・。
クレーン射撃に夢中で、相変わらず女性心理が皆目分かっていない
大尉には笑いましたが(ポワロさんもすっかり呆れてましたよ)、
泥棒を捕まえたりと活躍したので、大目に?見ましょう。何気に船員と仲良しさんでしたね。
あと上陸後に、大尉が写真撮影する際のやりとりは、楽しかったです。
何とかポーズを取ろうとする大尉を、応援しているようなポワロさんが可愛くて。
印象に残ったのは、謎解き後のシーンですかね。
一通りの説明の後に、「失礼」 と席を外して、慰めに行くポワロさんが紳士的で。
彼女の 「あんなやり方は卑劣」 という気持ちも、同じ女性だからか?良く分かったのですが、
それでも 「殺人は許せない」 と言い放ったポワロさんの言葉も、全くその通りだと思ったし、
そんなポワロさんの厳然とした態度は、やっぱり彼らしくて嬉しかったかな。
それが、この作品に憂いさを残してくれたように思います。
[ お気に入り度: ★★

名探偵ポワロ [完全版] Vol.4 / Problem at Sea
原作邦訳: 「船上の怪事件」 - 『黄色いアイリス』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。