"灰色の脳細胞" エルキュール・ポワロさんの作品を集めています。
名探偵といっしょに
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナイルに死す
2006年 11月 01日 (水) | 編集
Death on the NileこれもDVDはまだなので、スーシェさん表紙の ペーパーバック で紹介。
面白かったけど想定内という感じで、余韻は原作の方が残ったんですが、
最近観たピーター・ユスチノフさんの 「ナイル殺人事件」 と比べると、
時間は短いのに、登場人物を含め、原作が良く網羅されてたと思います。
キャスト等の比較は、また後日の 「ナイル殺人事件」 の感想の時に
書きたいと考えてるんですが、雰囲気も出てたし、風景も綺麗でしたね。
(個人的には、ドイル夫人の割れ顎が、ちょっと気になったかな^^;)
私は、この作品のテーマは 「愛」 だと(勝手に)思ってるので、
その趣きも流れていたし、終わり方も原作通り、ああ締めてくれて良かったです。
(オープニングはちょっとビックリしたけど・・・いや、「名探偵ポワロ」 では珍しいと思ったので^^;)
ストーリー的には、最初は、ちょっと端折り過ぎのようにも感じたのですが、
徐々に緊迫感が上がってきて、あの事件がいつ起こるかと、ちょっとドキドキしました。
後半、ググッと容疑者を問い詰め白状させていく鋭さは、さすがポワロさんだな?と。
あと、ロザリーとティムは原作でも好きなカップルなんだけど、ロザリーとティムのお母さんとの
繋がりを、もうちょっと表現して欲しかったかな。あのお母さんの優しさが結構好きだったので。
それと、ファンソープ氏が不在で、勿論、大尉のネクタイの事など微塵も出なかったのですが、
あれは原作でも、ちょっと唐突で、「ん?」 だったので、まぁ良いか。
特に印象に残ったのは、ポワロさんが、愛について自身の人生を懐古していた事ですね。
それはある意味、淋しい人生なのかな・・・と思わず考えてしまいました。
[ お気に入り度: ★★★

名探偵ポワロ (NHK-BS2:2005年8月放送) / Death on the Nile
原作邦訳: 『ナイルに死す』 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 他
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵といっしょに all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。